「てるみくらぶ」破産 格安旅行会社、9万人に影響も

投稿日: 更新:
TELLMECLUB
破産開始決定を受け、記者会見する格安旅行会社「てるみくらぶ」の山田千賀子社長(中央)=27日、東京・霞が関  撮影日:2017年03月27日 | 時事通信社
印刷

格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)は資金繰りが悪化したため3月27日に破産を申請、東京地裁から破産手続き開始の決定を受けたと発表した東京商工リサーチなどによると、旅行業界では過去4番目の大型倒産。負債は151億円の見込みで、約3万6000件(約99億円分)の旅行申込者が影響を受けそうだという。

申し込みを受けたツアーなどの手配はできなくなり、一部の旅行代金は弁済できない可能性がある。朝日新聞デジタルによると、1件に複数の参加者がいることが多く、影響を受ける旅行者は8万~9万人にのぼる可能性があるという。

山田千賀子社長は27日、都内で記者会見し「多大なる迷惑をお掛けして申し訳ありません」と謝罪。財務悪化の最大の要因は「おととし春から新聞広告を打ち出して経費がかかりすぎた」と説明した

「てるみくらぶ」は24日から一部のツアー参加者に「航空券の発券ができない」などと伝え、旅行業協会に問い合わせが相次ぐなどトラブルになっていた

東京商工リサーチによると、「てるみくらぶ」は山田社長が1998年に設立した。ハワイを中心にグアム、サイパン、韓国、台湾など、一般個人向け格安海外パッケージツアーを企画し、特にオンラインでの格安旅行販売を中心に知名度を高めていた。

2016年9月期は過去最高の195億9600万円を売り上げていたものの、格安旅行会社の過当競争などから収益は低調に推移。ハワイなどに設立した現地法人や国内の事業拠点の拡充などが資金負担となり、また収益悪化をカバーするため現金一括入金キャンペーンなどを行っていた。しかし、資金繰りは改善せず限界に達したという。


▼画像集が開きます▼

Close
破産経験のある著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事「Newton存続は社会的使命」 民事再生申請のニュートンプレスが発表

栗田出版販売が民事再生法を申請 負債135億円、取次では過去最大の倒産