ライフスタイル

「ジブリ飯」 ジブリ美術館で企画展がはじまるよ サツキとメイの家の台所を実物大で展示

2017年04月06日 15時53分 JST | 更新 2017年04月06日 16時44分 JST
Kei Yoshikawa

oriconnews

三鷹の森ジブリ美術館「ジブリ飯」の企画展開催 5・27スタート

 東京・三鷹の森ジブリ美術館(日時指定の予約制)で5月27日より、新企画展示「食べるを描く。」が開催される。「ジブリ飯」とも呼ばれる、スタジオジブリ作品を見た人の記憶に残る数々の「食事シーン」を取り上げ、アニメーションの原画や制作資料とともに、そのシーンがどのように描かれているのかをひも解きなが紹介するもの。企画・監修は、ジブリ美術館の初代館長でもあり、『ゲド戦記』『コクリコ坂から』『山賊の娘ローニャ』を監督した宮崎吾朗氏が担当する。

 スタジオジブリ作品は、日常を丹念に描いていることが特徴の一つに挙げられるが、日常描写の中で、多くの人の記憶に残るのが“食事のシーン”。例えば『千と千尋の神隠し』で、千尋がハクにもらった“おにぎり”を涙を流しながら食べるシーンや、『ハウルの動く城』の中で、ハウルが“ベーコンエッグ”を作り、ソフィーとマルクルたちと食べるシーン、など。展示では、これら数秒間のために描かれた場面の原画や絵コンテ、背景画などの制作資料を見せながら、“食事シーン”を表現するために用いられた工夫や作画の技術、作り手の意図などを解説する。

 さらに、『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所と、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で制作。“サツキ”や“シータ”が調理していた映画の世界を体験し、楽しむことができる。また、“食”について描くことは、登場人物たちの背景となる暮らしや文化を描くことでもあり、映画を作るときの資料になる参考図書の紹介コーナーも設ける。同館では、「展示を通して、映画を豊かに、そして生き生きと見せる “食のシーン”について、理解にさらに深めていただければうれしく思います」としている。

 今年も夏休みシーズン(7月分・8月分)チケットの “先行抽選販売”を実施する。5月25日正午より受付を開始。なお昨年7月入場分より、購入者の名前が印字される記名式チケットになっている。悪質なチケットの購入・転売を防ぐため、美術館入り口で本人確認を行う場合があり、転売チケットと判明した場合は、入場できない。

 入場時間は1日4回(前10:00/正午/後2:00/後4:00)。申し込みはインターネット(http://l-tike.com/ghibli/ ※無料のローソンWEB会員に登録が必要)、または電話(0570-084-639※発信者番号の通知が必須)。1申込み6枚まで。同一日時での複数エントリー不可。決済は、ローソン店頭決済、またはクレジット決済となる。

 7月分の受付期間は、5月25日正午から5月31日午後11時59分まで。8月分は6月25日正午から6月30日午後11時59分まで。


【関連記事】