アメリカ軍人が副業でAV出演

投稿日: 更新:
印刷

ネイビー・シールズ(アメリカ海軍特殊部隊)の隊員が副業でポルノに出演したとして、軍当局が取り調べている。

海軍勤続23年で、勲章歴もある首席特殊戦闘員ジョセフ・ジョン・シュミット3世(42)は2010年以降、「ジェイ・ヴーム」の名前で30本以上のポルノに出演した。ポルノスターで妻のジュエルズ・ジェイドさんは4月14日、ハフィントンポストUS版に「相手はほぼ私だった」と語った。

ジェイドさんは、「夫は私の仕事の手伝いをしただけで、罪に問われることではない」と述べた。

サンディエゴ・トリビューン紙によると、海軍特殊戦作戦軍委員会は、任務外の仕事をする際に許可を得なくてはならないというシールズの規定にシュミット氏が違反していないか、上官は彼の副業を知っていたかについて調査しているという。

「正直に言うと、誰も気にしていません。違法な仕事ではないですし、多くの人がポルノを見ているからです」と、ジェイドさんは語った。「でも彼は、履歴に傷のない有能な隊員です。何度も『年間優秀海兵隊員』に選ばれていますし、優れた講演者でもあり、リクルーターでもあるのです」


COURTESY OF JEWELS JADE

シュミット氏は、これまで数々の勲章を獲得している。妻によると、彼はあと8カ月で退役する予定だったという。シュミット氏は、委員会でまだ発言していない。

ジェイドさんは2001年以降、ポルノ業界で断続的に仕事をしており、夫の副業は、シールズの同僚や上官たちの間では周知の事実だったと話している。彼女のポルノ出演は240回を超え、インタビューの中で自分は軍人の妻だと何度も話していた。

「私がネイビー・シールズの隊員と結婚したのは、みんな知っていることです」と、ジェイドさんは話した。「彼の仕事ぶりはとても良く、私の相手として協力してくれましたので、他の人を雇う必要はありませんでした」

「シールズのシーンは一度もありませんし、彼が制服を着たこともありません。2つの仕事は区別していました」

彼女は2011年、ペントハウス誌の「ペット・オブ・ザ・マンス」に選ばれた時、シールズの隊員からサインを求められたと話した。


COURTESY OF JEWELS JADE

ニューヨーク・デイリーニュースによると、ジェイドさんがシュミット氏と出会ったのは2002年。ほどなくしてポルノ業界から引退したが、経営していた不動産事業が破綻した後、2008年に復帰したという。

ジェイドさんは、夫がポルノに出演したことで「深刻な事態が起きてはいけない」と話した。さらに、軍隊はポルノ業界の大きな顧客だとしている。


COURTESY OF JEWELS JADE

海軍当局は、ハフィントンポストUS版からの問い合わせに回答していない。広報官はユニオン・トリビューン紙に対し、シュミット氏が任務から離れポルノ男優として仕事をするのに必要な書類手続きを怠ったと述べた。しかし、ハーブ系サプリメントを副業で販売する許可は得ていたという。

コンプライアンス違反として、シュミット氏が軍事司法統一法典に基づく軍事裁判にかけられる可能性はある。

軍事関係法に詳しい弁護士ダン・コンウェイ氏は、「周りの目が相当否定的」なため、シュミット氏は年金を受け取れなくなる可能性があると話した。しかし、シールズは内輪の恥を晒したくないため、シュミット氏は裁判以外の方法で内々に処罰される可能性が高いという。

ジェイドさんは、夫と共に弁護士を雇った。夫が軍に処罰されるようなことになれば、もっとポルノを作らなくてはいけなくなるという。

「状況が悪くなれば、私は家族のサポートをします。つまり、このキャリアでの仕事が増えていくでしょう」

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集「ポルノ女優のスターたち」が開きます

Close
ポルノ女優のスターたち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png