NEWS

宮崎駿監督の新作長編は「生きている間にできるかわからない」 ジブリ鈴木敏夫Pが明かす

2017年04月29日 14時39分 JST | 更新 2017年04月29日 20時07分 JST
Kei Yoshikawa

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが4月29日、宮崎駿監督の新作長編の公開時期について発言した。2016年11月、NHKが放送したドキュメンタリー番組「終わらない人 宮崎駿」では、新作長編が2019年に完成・公開と示唆されていたが、鈴木氏は「そんなことできるわけない」と強く否定した。

この日、鈴木氏は幕張メッセで開催中の「ニコニコ超会議2017」に出演し、書道パフォーマンスを披露。巨大なキャンバスに大きな「まっくろくろすけ」などを描いた。

hayao

鈴木氏が描いた「まっくろくろすけ」と、宮崎監督のコスプレをするジブリファンの「いずみ包」さん(41)

rakkan

作品に押された落款。この日のために、宮崎監督がデザインしたという

パフォーマンス終了後、報道陣から宮崎監督の新作長編の制作状況を問われると、鈴木氏は「いま絵コンテを書いています。去年(2016年)の7月から描いていたんです」「全然、進捗状況はよくない」と、スケジュールの遅延を明かした。

その上で、「2019年完成予定」とするスケジュールについて「そんなのは誰かが勝手に書いたことで、そんなことできるわけがない。僕はそう思っています」と否定した。

公開時期については「わからない」、タイトルについても「それは言えません」と回答。絵コンテについても「まだ20分(間しかできていない)」と述べた。

■鈴木プロデューサー「宮崎監督が生きている間には…」

2016年11月に放送されたNHKのドキュメンタリー番組「終わらない人 宮崎駿」では、宮崎監督が鈴木氏に見せた新作長編の企画書が映し出されたが、そこには「小生78才 生きてるかな?」の言葉とともに、書き添えられていた。

囲み取材終了後、ハフポストが「以前、宮崎監督が気にされていましたが、(監督が)生きている間にできそうですか?」と問うと、鈴木氏は「んー、わからない」と答え、会場を後にした。

▼画像集が開きます▼

ジブリの大博覧会


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら


宮崎駿監督、長編映画を制作中 ジブリ鈴木敏夫P「ものすごく悩みました」(発言詳報)



鈴木敏夫氏、ジブリのキャラに例えて人生観を語る「人間には2つの生き方がある」