AMEMIYA、現在の月収告白 「いよいよ国からお仕事を頂きまして」

投稿日: 更新:
AMEMIYA
『冷やし中華はじめました』より | SPACE SHOWER MUSIC
印刷

「冷やし中華はじめました」がヒットしたピン芸人のAMEMIYA(38)が、6月1日深夜放送のテレビ東京系バラエティー『じっくり聞いタロウ』に出演、現在の収入について驚きの告白をした。

AMEMIYAは2010年に「冷やし中華はじめました」のネタで大ブレイク。当時の最高月収は900万円で、内訳は給料が500万円、曲の印税が400万円だと明かした。

しかし、2016年のテレビ出演は数回に過ぎず、世間的には一発屋という認識も強いAMEMIYA。だが、最近もしっかりと稼いでおり、「260万8822円」と書かれた実際の給与明細を見せて出演者を驚かせた。

現在は営業だけではなく、3社のCMに出演。「○○はじめました~」の替え歌は使い勝手がよく、下手な女優を使うよりよほどコストパフォーマンスがいいという。さらに「いよいよ国からお仕事を頂きまして」と、内閣府からもCMの依頼があったことを告白。「マイナンバーカードはじめました〜」とのフレーズをスタジオで披露し、「ミスターマイナンバーカード」に任命されたと話した。

他にも「企業パーティー」で荒稼ぎ。企業の詳細をネットで調べ上げて歌詞に織り混んでいる。企業パーティーは平均で月に12、13本くらいあるが、夏になると20本くらいに増える。「思い出すんですよ、6月くらいに。『冷やし中華が売っている。あ、冷やし中華ってヤツいたよな。ちょっと呼ぼうか』という流れじゃないですか」と語るAMAMIYA。衣装は6着持っているが、夏になるとクリーニングが間に合わないという。

また「結婚披露宴の営業」でも替え歌を熱唱、オファーが絶えないことを報告した。


▼画像集が開きます▼

Close
お笑い芸人 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事PPAPのピコ太郎、自称53歳の世界進出「頑張ってる段階でまず失敗はない」(インタビュー)

レイザーラモンHGが一時、月収7000円に 妻の住谷杏奈が出した答えは?