自民が「歴史的大敗」 小池百合子知事の勢力は過半数へ【都議選】

投稿日: 更新:
KOIKE
東京都議選の開票速報を受け、テレビ局のインタビューに笑顔で答える「都民ファーストの会」代表の小池百合子知事=2日夜、東京都新宿区  撮影日:2017年07月02日 | 時事通信社
印刷

小池百合子知事の就任後初となる東京都議会議員選挙(定数127)は7月2日に投開票され、小池氏が率いる「都民ファーストの会」と、公明党など知事の支持勢力が過半数の64議席に達する見通しとなった。朝日新聞デジタルなど報道各社が出口調査や情勢分析の結果として報じた。一方、都議会第1党の自民は現有議席の57を大幅に減らして大敗し、過去最低となる可能性があるという。

NHKニュースなどは、過去最低の議席をさらに下回ることが確実となったと伝えた。(UPDATE:2017/07/02 21:55)。時事ドットコムは「歴史的大敗」と報じた。(同 21:10)

今回の都議選は、小池氏が告示直前に示した築地市場の豊洲移転方針など小池都政の評価が争点。今回の選挙結果で、小池氏の11カ月間の都政運営も評価された形となった。

一方、小池氏と対立姿勢を鮮明にする自民が第1党を維持できるのかも焦点となった。2013年の前回、自民は候補者59人全員が当選し、都議会第1党に返り咲いていた。しかし、学校法人「加計学園」をめぐる安倍政権の対応や、稲田朋美防衛相や自民党幹部の相次ぐ失言などで逆風が吹く中での大型選挙となった。選挙結果は安倍首相の政権運営にも影響を与えそうだ。

立候補者は42選挙区に計259人。党派別内訳は自民党60(現有議席57)、公明党23(同22)、共産党37(同17)、民進党23(同7)、都民ファーストの会50(同6)、東京・生活者ネットワーク4(同3)、日本維新の会4(同1)、社民党1(同0)、諸派17(同0)、無所属40(同13)となっている。


▼画像集が開きます▼
Close
小池百合子氏の歩み
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事稲田朋美防衛相の、過去の問題言動をまとめてみた 辞任の声強まる

昔、年商28億円、今は障害児のシングルマザー。「セーラーズ」社長は政治に物申すと決めた【2017都議選】

安倍首相に「帰れ」「辞めろ」コールの嵐 都議選の街頭演説で