NEWS

東国原英夫氏、安倍首相の「こんな人たち」発言を斬る 「大問題にならないのがおかしい」

2017年07月03日 17時55分 JST | 更新 2017年07月03日 18時04分 JST
時事通信社

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫さんが7月3日、フジテレビ系「バイキング」に出演し、安倍晋三首相が東京都議選の応援演説で聴衆の一部から「安倍辞めろ」「安倍帰れ」コールが巻き起こったことに対して「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言したことについて、疑問を呈した。

安倍首相の発言があったのは、1日、東京・秋葉原でのこと。自民党の支援者が集まり、日の丸の小旗を振る姿などが見られた。一方で、「安倍政治を許さない」「国民をなめるな」「臨時国会をいますぐ開け」などの横断幕やプラカードを掲げる一団の姿もあった

首相の演説が始まってもコールは止まず、これに対し首相が「人の演説を邪魔するような行為を自民党は絶対にしない」「憎悪からは何も生まれない。こういう人たちに負けるわけにはいかない」と声を張り上げる一幕もあった

番組では、自民党が歴史的大惨敗した2日投開票の都議選について特集。司会のタレント、坂上忍さんが「一国の首相が、マイクを通して、その一部の聴衆の方々に『こんな人たち』って批判された。で、その奥で(経済再生相の)石原伸晃さんが手を叩いて煽っていたあの目を見た時に、ああ、今の自民党っていうか安倍内閣って、これなんだろうなって、僕なんか生意気ながらに思って」と語った。さらに「森友問題からずっときて、『これ理解されてますか?』と、いう気になっちゃったんです」と批判した。

これを受け、東国原さんは「ものすごい鋭いですね」と同意し、反対の意見を述べる人たちを非難したことを次のように糾弾した。

あの言葉っていうのは、今までの不祥事の全部合わせたぐらいの、本当は言ってはいけない言葉。国民に一国の総理がですよ、反対だからと言って批判しているからって、こんな人たちには負けるわけにはいかないって言ったんですね。この言葉が大問題にならないことががおかしい。あれで僕は、自民党、惨敗だなと。最終的に決定しましたね。

豊田真由子・衆院議員の暴言・暴行や稲田朋美防衛相の失言も「響いている」と指摘したが、東国原さんは「あれこそが撤回しないといけない言葉」と首相発言に問題があったと強調した。


▼画像集が開きます▼

自民党の国会議員

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。