文科省幹部「記憶にございません」連発 萩生田官房副長官の「ご発言」文書めぐり【加計問題】

投稿日: 更新:
YUTAKA
答弁する文科省の常盤豊・高等教育局長 | 衆議院
印刷

学校法人「加計学園」が国家戦略特区で獣医学部の新設を認められた経緯などを審議するため、衆院では7月10日、前川喜平・前文科事務次官らを参考人として招致した閉会中審査がはじまった。

今回の閉会中審査におけるポイントの1つは、加計学園の獣医学部新設をめぐり「官邸はどう関わっていたのか」という点だ。

民進党の福島伸享氏(民進) は質疑の中で、萩生田光一・官房副長官が文科省に圧力を加えたとされる内容を記した文書について指摘し、文科省の担当者の見解を質した。

【関連記事】前川喜平・前事務次官、参考人招致 「背景に官邸の動きあった」(速報)

萩生田氏の発言文書「目にした文書に間違いない」 前川氏が証言


質疑の冒頭、福島氏は「九州豪雨の状況を見ても、なぜ安倍首相は帰国しないのか。疑惑の中心である安倍総理が委員会にも出席しないのはなぜなのか。この委員会に出たくないから訪問を続けているのではないか」と、安倍首相を批判した。

その上で福島氏は、文科省の内部文書をめぐる追加調査で、萩生田官房副長官に関する文書(「10/7萩生田副長官ご発言概要」)が見つからなかった点を指摘した。

この文書は、萩生田官房副長官が「加計学園が誰も文句が言えないような良い提案をできるかどうかだな」などと文科省側に伝えた内容を記録したとされる。文科省の再調査では「存在は確認できなかった」とされている。

この文書の存否について見解を問われた前川氏は、「在職中に担当課からの説明を受けたときに入手した、目にした文書に間違いない」と答えたした。

これに対し、萩生田副長官は「私の方から(文科省に、情報を)伏せてくれとか、なくしてくれという指示を出したことはない」と、文書の内容を否定した。

文科省の常盤豊・高等教育局長は「10月7日、私が萩生田副長官を訪ね、懸案の給付型奨学金の制度設計などについて話した」と、萩生田副長官との面会は認めた。

その一方、「獣医学部新設に関する状況などを話した。農水省も参画して(獣医の)需給について検討をすすめる必要があると話したことはありうる」と述べるも、「具体的なやり取りについて詳細な記憶はない」と詳細な言及を避けた。

福島氏は「『加計学園が誰も文句が言えないような良い提案をできるかどうかだな』と文字に残っている」「加計で決まっていると萩生田氏に言われたのでは」と、常磐局長を再び追求した。

これに対し常磐局長は、「具体的なやりとりの記憶はございません」と述べた。

民進・福島氏「そんなに萩生田氏が怖いのか」 文科省幹部を批判


このほかに福島氏は「10/21萩生田副長官ご発言概要」を紹介した。

この文書は「和泉(首相)補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖じ気づいている」「官邸は絶対やると言っている」といった内容が記されており、文部科学省の内部調査で存在が明らかとなった。

文書には、獣医学部新設の時期について安倍首相の指示があったことを伺わせる内容もあった。福島氏は「『総理は平成30年4月開学とおしりをきっていた』とある。なぜ常磐局長は知っているのか」と質した。

これについても常磐局長は「(萩生田氏との)面談内容について、個別のやり取りについて記憶はありません」と、詳細な説明を避けた。

「記憶にありません」と繰り返す常磐局長について、福島氏は「肝心なことは、また『記憶にございません』。そんなに萩生田内閣人事局長(官房副長官)が怖いんですか?」と批判した。

加計学園の獣医学部新設と官邸の関係性について、前川氏は「和泉(洋人首相)補佐官からお話を伺ったことはある」「内閣府がこの仕事を進める上で、官邸の動きがあったと思っている」と説明した。

加計学園問題をめぐる閉会中審査は、午後からは参院でも開催される。前川氏は引き続き参考人として出席する予定だ。