「謎の光」正体を突き止めた。埼玉のUFO、意外な真相とは(動画)

投稿日: 更新:
OKEGAWA
桶川市内で撮影された「謎の光」 | Twitter/poridento8
印刷

7月10日午後8時ごろ、埼玉県桶川市や川越市などで夜空に現れた「謎の光」の目撃情報が相次いだ。TBSニュースでも取り上げられ、ネット上で「隕石が落ちたのか」「UFOだ!」と話題になったが、ハフポスト日本版の調査で意外な正体が判明した。

埼玉県桶川市に滑走路がある飛行場「ホンダエアポート」の近くを飛行していたとの情報があった。ホンダエアポートは自動車大手ホンダのグループ会社「本田航空」が運営する民間飛行場。1970年から荒川河川敷で運営されている。

本田航空の担当者に問い合わせたところ、以下のような返答だった。

「私どもの飛行場に置いてるセスナ機を利用しているスカイダイビングクラブが昨夜、テストダイビングを行いました。降下する様子を地上から見て、どう楽しんでもらうかという演出を実験するために、LEDなどたくさんの電飾をつけたプロのスカイダイバー2人が高度3000mから飛び降りました。光がついていたのは約15秒間でした。思いのほか広い範囲から見られてしまい、お騒がせしたことをお詫びします」


■桶川市内で撮影された「謎の光」

桶川市内のコンビニの駐車場でTwitterユーザーのAsoさんが撮影した動画は以下の通り。真相を聞いて「飛行場が近いのでそのような事だろうなと思ってました!」と話していた。


■蕨市内で撮影された「謎の光」

埼玉県南部の蕨(わらび)市内で、TwitterユーザーのT-manさんが撮影した「謎の光」の写真と動画は以下の通り。

T-manさんは「ニュースとは違って移動はしていないように見えた。ビルの光でもないのに静止してるから不自然に感じたが、一体何だったのか…」と不思議に思って撮影したという。

【※】UFO、ネッシー、雪男…。世界の不思議を探求する「知られざる世界」のカテゴリーはこちら


■関連スライドショー(大昔の絵画に登場したUFOと宇宙人)

Close
10 Ancient Pictures of UFOs & Aliens
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※開かない場合は、こちらへ)