WORLD

メキシコ沖でM8の大地震(UPDATE)

中央アメリカの広い地域に津波が到達する可能性

2017年09月08日 14時45分 JST | 更新 2017年09月08日 17時59分 JST
USGS
アメリカ地質調査所(USGS)が発表した震源地

日本時間9月8日午後1時49分ごろ、メキシコのチアパス州の沖合いを震源とするマグニチュード8.0の地震を観測したとアメリカ地質調査所(USGS)が発表した。震源の深さは35キロ。

ハワイにある太平洋津波警報センター(PTWC)は、地震の規模からメキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、コスタリカなど、中央アメリカの広い地域に津波が到達する可能性があるとして注意を呼びかけた

NHKニュースによると気象庁は、太平洋の広い範囲で津波が発生する恐れがあるとしており、日本への津波の影響があるかどうか調べている。

【UPDATE】USGSはマグニチュード8.1、震源の深さは69キロと訂正した。一方、PTWCはマグニチュード8.2と推定している。(17:51)