アート&カルチャー
2018年01月23日 15時14分 JST | 更新 2018年01月23日 15時14分 JST

北原里英、東京の雪に動揺せず「身も心も新潟の女になった」

写真集の記念イベントで「ちょっとやそっとの雪じゃビビらなくなった」

時事通信社
NGT48の北原里英=2015年10月、東京都内

北原里英、東京の雪に動揺せず「身も心も新潟の女になった」

アイドルグループ・NGT48の北原里英(26)が22日、都内で初写真集『そして』(ワニブックス)発売記念イベントを行った。きょう東京で雪が降ったことについて「交通機関が乱れている中、たくさんの人が集まっていただきありがとうございます」とあいさつ。続けて「(東京での雪に)動揺はしなかったです。ちょっとやそっとの雪じゃビビらなくなった。身も心も新潟の女になったと実感しました」と笑顔で話した。

初となる写真集で、ベトナムのホーチミンで撮影。同国の正装として着用する民族衣装「アオザイ」姿を披露しており「オーダーメイドで細かいところまで計って作ってもらいました。アオザイ姿がこんなに似合うアイドルはいないと思います」とにっこり。

今年の春に卒業する北原。恋愛解禁となるが「27歳になるので、卒業後の恋愛は婚活ですよね」と言い報道陣を笑わせると、理想のタイプについて「ギャグのセンスが高い人がいいです。言葉のチョイスや話が面白い人がいいなと思います」と答えた。

【関連記事】