WORLD
2018年02月10日 17時10分 JST | 更新 2018年02月10日 17時12分 JST

葛西紀明、平昌オリンピックでファスナーが… 違反になりかねないミスに「焦ったー」

「まさかあんなミスを犯すとは自分でも信じられなーい!」

Robert Cianflone via Getty Images
葛西紀明

葛西、ファスナーが...あわや失格のミスに「うそーって」

 8日にあった平昌五輪のジャンプ男子個人ノーマルヒル(NH)予選に臨んだ葛西紀明(土屋ホーム)が、違反になりかねないミスを犯していた。首元まで全部閉めなければいけないジャンプスーツのファスナーが、少し開いた状態で飛んでいたという。

 「飛び終わって、(小林)陵侑に言われて、うそーって。焦ったー」。予選でK点に達する98メートルを飛んだ葛西。取材エリアに現れると、苦笑いしながら話した。ルールでは、スーツのファスナーは全部閉めて飛ばなければならない。ジャンプ後に画面で記録を確認したり、板を外したりする場で2人前に飛んでいた小林陵に言われて気付いたという。

AFP/Getty Images
予選での写真。確かにファスナーが大きく開いている。

 葛西は9日に自身の公式ブログを更新。予選を20位で通過したことを報告した上で、「まさかあんなミスを犯すとは自分でも信じられなーい! 失格になってもおかしくないミスでした」とつづった。

 冬季五輪史上最多となる8回目の出場でも、緊張感があったよう。「この運を逃さず明日の本戦ではもっと!もーーーっと!!豪快で綺麗(きれい)なジャンプをしたいと思います!」と記した。

 個人NHの本戦は、10日午後9時35分から行われる。(勝見壮史)

(朝日新聞デジタル 2018年02月10日 13時12分)

関連ニュース