BLOG

自動車事故の多い米の都市ワースト5! 中には5年に1度必ず事故に遭う都市も

2013年09月18日 18時06分 JST | 更新 2013年11月17日 19時12分 JST

2013-09-17-lca5g6u69.jpg

今回は、ドライバーが事故に合う頻度が高い都市ワースト5をご紹介しよう。このレポートは米大手保険会社Allstate Insuranceが毎年発表しているもので、米国内200都市を対象に、自動車事故による顧客からの保険請求の数の多い都市を割り出している。

2013-09-17-lcaabjp431378894757.jpg

最も事故が多い都市に選ばれたのは米の首都、ワシントンD.C.だ。同レポートが発表された10回の内、なんとこれが6度目のワースト1。Allstate Insuranceによれば、ワシントンD.C.のドライバーは4.8年に1度の頻度で事故に合う計算になるという。また、同都市は米国内で屈指の渋滞が多い都市として知られるほか、速度違反を取り締まるスピードカメラの数も多いことでも有名だ。

2013-09-17-21378894008.jpg

2位はワシントンD.C.に程近いメリーランド州ボルティモア。南北戦争の舞台にもなった大都市はその歴史ゆえ、なかなか交通問題を解決するシステムを導入できないようだ。

2013-09-17-31378894048.jpg

3位は全米最少面積の州、ロードアイランドの州都プロビデンス。米国で最も古い建国の都市の1つだが、ボルティモアとは僅少差で3位になった。

2013-09-17-lcae4c0nv.jpg

4位はフロリダ州ハイアリア。ハイアリアは全米第6位の面積を誇るものの人口密度が高いのが特徴で、交通事故による死者の数では第3位となっている。

2013-09-17-lca229b08.jpg

5位に選ばれたのは、ハリウッド近くにあるカリフォルニア州グレンデール。ちなみにグレンデールは運転しにくい街ワースト25にもランクインしている。

さらに詳しい結果を知りたい方は同社のプレスリリース(英語)をどうぞ。

By: AOL Autos Staff

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

編集:礒嶌まどか

Autoblogの記事「自動車事故の多い米の都市ワースト5! 中には5年に1度必ず事故に遭う都市も」を転載したものです