Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

オトコノキッチン Headshot

インスタで見かける「赤い粉のライン」は魔法の線だった

投稿日: 更新:
印刷
2016-08-01-1470043263-8044733-.png
Instagramで話題のタグやメニューをオトコノキッチンの編集部が紹介する、料理男子のためのインスタ入門。これさえ読めば、インスタデビューは怖くない。

この連載のTOPはコチラ>>>

 

#赤い粉のライン

投稿数は2016年10月現在で約200とそんなに多くないものの、インスタらしいタグで注目なのが

「#赤い粉のライン」だ。提唱者は料理研究家でカリスマ・インスタグラマーのHigucciniさん。初投稿は2015年の5月のサンドイッチで何かの「赤い粉」がライン状にふりかけてある。     それ以降、トーストやパンケーキ、目玉焼きなどにご愛用の模様。それを見たフォロワーが自身の料理に取り入れてさまざまな赤い粉のラインがインスタ内で広がっている。その正体は「パプリカ」や「チリパウダー」「韓国唐辛子」など料理によって使い分けられるが、斜めや縦に赤い粉で線を引くだけでいつもの料理がなんだかインスタっぽくおしゃれに見えてくるから不思議だ。 「#赤い粉のライン」はインスタを知りつくしたカリスマが生み出した、まさに「魔法の線」なのだ。オトコノキッチンではHigucciniさんに「#赤い粉のライン」誕生のきっかけをインタビューしてみたところ、予想外の想いが込められていた...

赤い線で結ぶ「繋がり」を生み出したい


2016-09-27-1474969196-479020-image1.png
▲「#赤い粉のライン」のタイムラインが赤い粉の線でつながっていくイメージ

「味や見た目のアクセントとして加えたことは確かなのですが、私は実は赤い線によって投稿された写真たちがタイムラインで一覧したときに繋がった感じに見えたら楽しいかもと思って、実験をはじめてました。そしてら、数人が繋がりはじめたので、面白くなってきたのですよね。なので、線は短めではなく、できればお皿からはみ出すくらい大胆に引いたほうが、繋がりが強くなります。」

なるほど!そんな意図があったとは...。

運命の人と結ばれる「赤い糸の伝説」があるように、赤い線は現代の「人と人」「食卓と食卓」を結ぶ象徴だったのだ。


ハムエッグトースト

▲シンプルなハムエッグトーストもフォトジェニックに変身。粉唐辛子を使用して食べたときの刺激もGOOD!


小松菜ピザトースト

▲小松菜トーストの緑に赤のコントラストが鮮やか。こちらも粉唐辛子で辛みをプラス


三つ編みトウモロコシ

▲今が旬のトウモロコシも赤い粉でおめかし。青のりで描く「#緑の粉のライン」も登場!


もりもり野菜サンド

▲初投稿メニューのサンドイッチも進化してさらに華やかに


目玉焼きのワンプレート

▲サンドイッチと人気を二分するのが目玉焼きに描くスタイル。卵の白と黄色に赤が入ることで写真がぐっと締まる


タコピザトースト

▲最後は夏らしいタコピザトースト。半夏生もカリスマの手にかかればこんなオシャレなタコメニューに

いつものメニューに彩りと味わいのアクセントを加える「#赤い粉のライン」。「これ何?」と作ってあげたパートナーとの会話もはずむことだろう。初心者でも試しやすいテクニックなので、ぜひ挑戦してみて欲しい。

インスタ発! 男料理のニュートレンド

・パーティで歓声があがる「#レインボーピザ」がブームの予感

・「サナギ割り」に「どぜう割り」? インスタで注目の「#日本の夏飲み」

・クッキングパパもびっくり!「#わんぱくおにぎらず」って何?

・ハマる人続出! 「#もりもり野菜サンド部」に入部するなら今!

・「わんぱくサンド」に「元気玉サンド」、サンドイッチの進化が止まらない

美味しい情報が毎日届く!Facebookでオトコノキッチンをフォロー:

www.facebook.com/otokonokitchen