BLOG

ビットコインとは何か

Youtube ビデオを作ってみました。

2018年01月11日 14時02分 JST | 更新 2018年01月11日 14時02分 JST

最近、「ビットコインとは何か」という質問を受けることが多いので、「ビットコインとは」というタイトルの Youtube ビデオを作ってみました。

ビットコインとは、Satoshi Nakamoto と名乗る人が作った、インターネット上で流通するデジタル通貨です。一般的には、仮想通貨・デジタル通貨などとも呼ばれますが、技術的には、「暗号通貨(クリプトカレンシー)」と呼ぶのがもっとも正確です。

ビットコインは、幾つかの点で通常の通貨と大きく異なっています。

ドルや円などの通常の通貨は、その国の中央銀行が発行・管理しており、その価値は国によって保障されています。ビットコインには、中央銀行のような管理母体は存在せず、Satoshi Nakamoto によってインターネット上に配布されたソフトウェアが管理しているだけです。

管理母体が存在しない通貨、というのはとても不思議かも知れませんが、それを可能にしたのが Satoshi Nakamoto 氏の発明、ブロックチェーンという技術なのです。

Satoshi Nakamoto 氏は、通貨はもっと自由で民主的であるべきだという思想の元に、2009年にこのブロックチェーンという技術を使ったソフトウェアをインターネットで無料で配布しました。

最初に彼の発明の価値に気がついたのは、世界中のソフトウェア・エンジニアたちでした。配布されたソフトウェアを自分のコンピューターで走らせ、ビットコインネットワークを構築に協力すると、報酬としてビットコインがもらえる設計になっていたからです。

そしてすぐに、ビットコインと通常の通貨を交換できる取引所が世界中に作られました。

どの国の中央銀行にも依存しない、世界で初めての、国境を乗り越えた国際通過、ビットコインの誕生です。

しかし、ビットコインを最初に本格的に利用し始めたのは、非合法な海外送金、つまりマネーロンダリングを必要とする人たちでした。ロシアのマフィア、米国の麻薬密売人、中東のテロリスト、などです。ビットコインを使えば、銀行を通さずに海外走金が出来るため、国の規制をくぐり抜けて海外走金ができてしまうからです。

2013年のキプロスの金融危機の際には、政府が実施した預金課税を避けるために多くの人がビットコインを購入したため、ビットコインが一時的に高騰しました。

その後のビットコインの高騰を支えたのは、主に中国人でした。不動産バブルで手にした大量の資産を、国の規制をすり抜けて海外に送金する手段として富裕層が使い始めたのです。それを見た中国政府は、2017年9月にビットコインの取引所を閉鎖し、そこで一度ビットコインは暴落しました。

その後のビットコインの高騰を支えたのは、今度は日本人でした。

早いうちからビットコインを入手していた人たちが、ビットコインで自分は何億円も稼いだ、ビットコインはまだまだ上がる、とネットで騒ぎ立てたため、「自分も一儲けしたい、乗り遅れてなるものか」という心理が働き、熱狂的にビットコインを買漁る人たちが何万人もいたのです。

結果として、ビットコインの価格は、2017年1月には1000ドルだったのが、10月には4000ドル、そして12月には2万ドル近くにまで高騰しました。

ビットコインの価格の推移をグラフにしてみると、これが典型的なバブルであることが良くわかります。80年代終わりの日本の不動産バブルや、2000年のインターネットバブルととても良く似ています。

ビットコインが誕生してから9年になりますが、本来の通貨としての役割はほとんど果たせていません。

ビットコインは、株や不動産と違い、配当や家賃収入のようなリターンが一切ありません。つまり、ビットコインは誰もが安く買って高く売り抜けようと考える、100%投機的な商品で、ギャンブルと同じです。その結果、今後も乱高下が続くし、そこで大儲けをする人もいれば、大損をする人もいるでしょう。うかつに手を出すと大火傷をする、危険な金融商品なのです。