BLOG

本当に、これでいいのでしょうか?

2013年07月20日 17時32分 JST | 更新 2013年09月18日 18時12分 JST

選挙戦、どの報道も「自民圧勝」でいっぱい。

ほんとうに、それで良いのでしょうか?「選挙で選ばれた」という免罪符のもとに独裁政治が始まるのではないでしょうか?

原発立地の福井県で、石破自民党幹事長が「自民暴走しない」「再び多数におごり傲慢な元の自民党に戻らないから」「ねじれ解消を」と訴えました。

本当に信用していいのでしょうか?

「ねじれ」争点について第三者が「ねじれ解消」に警鐘を鳴らしている記事をNAVERまとめしている記事があったのでご紹介します。

【警鐘】国会のねじれ解消、本当に大丈夫!?

選挙が終わった途端、多くの人が望んでいない方向に政治の舵をきられるのではないか?

政権与党が暴走してしまうのではないか?・・・という不安が、どうしてもぬぐえません。

日本にとって「ねじれ国会」解消が本当に望ましいのか、今一度、真剣に考えていきたいと思います

このような議席予測調査で必ず文末に書き込まれる「投票先をまだ決めていない人は*割以上おり、情勢が変わる可能性もある」のひとこと。

棄権さえしなければ、まだまだ情勢は変えられます。

真剣に働きかけましょう。「本当に、これで良いの?」と