米当局からスパイ容疑で刑事訴追されているエドワード・スノーデン容疑者が、ロシアに入ったと報じられている。ロシア連邦移民局(FMS)が24日、スノーデン容疑者に入国許可書を発給したという。時事通信が報じるところによると、同容疑者は弁護士と面会後、数時間後にもモスクワの空港からロシアに入国する見通しとのことだ。

Business Insiderによると、ロシアの弁護士のアナトリー・クチェレナ氏は、スノーデン氏がロシアで仕事を得ることを計画しているという。

スノーデン氏は、国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、米当局からスパイ活動防止法などに違反した罪を問われ、逃亡中。6月23日に、香港からロシアに移動後、米国政府にパスポートを無効化されたため移動ができず、ロシア・シェレメチェボ空港のトランジットゾーンに約1か月滞在していた。ロシアに亡命申請した背景には、希望していたエクアドル側が受け入れを明言せず、身柄引き渡しを求めていた米国への配慮の姿勢を見せ始めたことへの懸念があるとみられていた。