ニュース

小沢一郎氏の新党構想 「政界をかき回すな」と困惑する声も

2013年09月21日 23時50分 JST | 更新 2014年01月19日 18時28分 JST
時事通信社

生活の党の小沢一郎代表は9月21日、テレビ東京の番組に出演した際に「もう一度、自民党に対抗できる政権の受け皿をつくって国民の支持を得ないといけない。私の最後の仕事にしたい」と述べた。MSN産経ニュースが伝えている。

【政界再編の関連記事】

同サイトによると、小沢氏は、政界再編の軸となる政党については「民主党に受け皿の中心になってもらいたい」と民主党に期待を寄せる一方で、日本維新の会については憲法改正などで自民党と主張が近いとして「受け皿に日本維新が丸ごと入ることはあり得ない」と否定的だった。

時事ドットコムによると、小沢氏は既存の政党ベースではなく各議員が所属政党を離党する形を考えているという。

「既存の政党と政党がくっつくという話ではなく、このままではいけないと考える人たちが新しい受け皿をつくることになる」と述べ、理念や政策を共有する議員が所属政党を離れて新党を結成すべきだと指摘した。

この小沢氏の発言について、ネット上では批判的な意見が多い。小沢氏がかつて細川政権や鳩山政権で、自民党から政権交代を成し遂げたことを評価する声も一部にはあったが、「もう政界をかき回すのはやめてほしい」「リベラル結集は必要だがこの人が関わるとロクなことがない」と困惑する声が相次いだ。

これまで新生党、新進党、自由党、未来の党など、数多くの党を作っては壊してきた小沢氏の政界遍歴から新党構想に懐疑的な声が出ている。

わずか国会議員9人と、いつになく小政党の代表に転落した小沢氏。MSN産経ニュースによると、参議院で社民党との統一会派の話を進めるなど、発言力の確保に必死だ。果たして彼の考える新党が政界再編の転機になるのかどうか。読者の皆様はどう思いますか?

関連記事

小沢一郎氏の政界遍歴
小泉元首相の軌跡