Huffpost Japan

世界平和に「最大の脅威」である国のランキング

投稿日: 更新:
NO PEACE
peace x war creative sign with... | shutterstock
印刷


国際的な世論調査の結果、「世界平和に最大の脅威をもたらしている国」として、アメリカがトップに選出された。

これは、国際的な市場調査や世論調査を行う「Win/Gallup International」が行った大規模な世論調査結果として、2013年末に発表されたものだ。

1977年から実施されている調査だが、今年は65カ国の6万6千人を対象に、「故郷と呼べる国はどこか」、「世界はより良い場所になっていると思うか」、「世界平和に最大の脅威をもたらしている国はどこか」など、世界情勢に関するさまざまな質問が盛り込まれた。

その結果、アメリカは「最大の脅威」として24%の票を集め、2位のパキスタンの8%に大きく差をつけて1位となった。その後の順位は、3位中国(6%)、4位アフガニスタン(5%)と続く。

一方、アメリカ人による回答(PDF)からは、「国際的なトラブルメーカー」に関する考え方の違いが見てとれる。「最大の脅威」としてアメリカ人の回答者から最も多くの票を集めたのはイラン(20%)で、2位はアフガニスタン(14%)、3位はアメリカと北朝鮮が同率(13%)なのだ。

しかし、興味深いことにアメリカは、世界の人々が「チャンスがあれば移住したい国」のトップにも選ばれている

日本での回答(PDF)で、「最大の脅威」として最も多く挙げられたのは中国(38%)、2位は北朝鮮(22%)、3位はアメリカ(7%)だった。中国での回答(PDF)は、1位アメリカ(49%)、2位日本(30%)、3位北朝鮮(6%)。

[Meredith Bennett-Smith(English) 日本語版:兵藤説子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
米ロ外相、平和会議開催で合意
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

「世界平和にとって最も脅威な国」は米国、同盟国でも ... - MSNトピックス