ニュース

「中国こそヴォルデモート卿」ハリーポッターの悪役にたとえられて日本の駐英大使が反論

2014年01月07日 18時53分 JST | 更新 2014年01月08日 00時59分 JST
pictureTYO

日本と中国の駐英大使が、イギリス紙「デーリー・テレグラフ」に寄稿し、互いを世界的ベストセラー小説の悪役になぞらえて非難し合う展開となっている。NHKニュースなどが報じた。

中国の駐英大使が1月1日、同紙で安倍首相の靖国神社参拝について批判した。

中国の劉暁明駐英大使は1日、安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことを批判し、「軍国主義が日本につきまとうヴォルデモート卿だとすれば、靖国神社は日本の魂の最も暗い部分を隠した『分霊箱』だ」と批判した。小説では「分霊箱」は、不死の力を得るため、魂の断片を納めておくものとして描かれている。



(時事ドットコム「互いを「ハリ・ポタ」悪役呼ばわり=日中の駐英大使が批判合戦」より 2013/01/07 10:56)

中国からの批判を受けて、日本の林景一駐英大使が5日、「中国はアジアのヴォルデモート卿になる恐れがある」題して同紙に寄稿。中国の軍拡競争などを批判、反論したという。

林大使はまず、「戦争行為」と受け取れる中国の度重なる挑発にも、日本は「最大限の自制」で応えているとしたうえで、戦後の日本が一貫して、民主主義と人権尊重の道を歩んでいることを強調した。



「東アジアは岐路にあり、中国の前には2本の道がある」とし、一つは対話の道で、他方は「軍拡競争と緊張激化という悪を解き放つことで、ヴォルデモートの役回りを演じる」と指摘して中国の自制を促した。



(MSN産経ニュース『「中国こそヴォルデモートにならないで」日本の駐英大使、中国の「闇の帝王」批判に反論』より 2013/01/07 08:28)

また林大使は、中国に対し両国関係の前進を求めたようだ。

林大使は最後に、日本側から緊張を高めることはしないと述べた上で、中国が「既に存在しない軍国主義の亡霊」を持ち出し続けることをやめ、両国関係を前進させるよう求めた。



(MSN産経ニュース「中国こそヴォルデモートにならないで」日本の駐英大使、中国の「闇の帝王」批判に反論」より 2013/01/07 08:28)

※日本と中国の駐英大使が、イギリス紙「デーリー・テレグラフ」上で、小説の悪役になぞらえて非難し合っています。それぞれの主張について、どう思いますか? あなたの声をお聞かせください。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

【日中関係の関連記事】

関連記事

2013年 画像でみる政治ニュース
毛沢東 いろいろ 画像集