ニュース

阪神・淡路大震災から19年 神戸・東遊園地など各地で追悼の集い

2014年01月17日 00時58分 JST
Twitter / asahi_kobe

6434人が犠牲になった1995年1月17日の阪神・淡路大震災から19年を迎えた。発生時刻となる午前5時46分、各地で犠牲者への祈りが捧げられた。

神戸市中心部の東遊園地では、今年も「1・17のつどい」が開かれた。午前5時46分に合わせて「1・17」の形に並べられた竹灯籠に火がともされ、時報の合図とともに集まった人々が冥福を祈った。

兵庫県内では東遊園地だけでなく、西宮市や淡路市など各地でも追悼の集いが開かれた。

Twitter上では様々な人が、当時の体験や、あとから聞かされた話を語っている。

関連記事

1995年1月17日、阪神・淡路大震災
東日本大震災から2年後の被災地