国内ニュース

ネットメディアは読者の「アテンション(注意・関心)」を奪い合い、クリック数を稼ぐことで、収益をあげていく“感情刺激競争”をしている。毎日新聞、バズフィードジャパンを経て独立したノンフィクションライターの石戸諭さんは、その問題点を多角的に語る。
コロナで大切な人と会いづらくなり、コミュニケーションはどう変わる? そのヒントが、ある家族にあった。
PRESENTED BY Amazon
パートナーを、娘を守るために重ね続けた「嘘」。結婚できないことが性的マイノリティのカップルを苦しめている
「観客数は五者協議で検討する」。宣言発令を事前報告する衆院の議院運営委員会で質問に答えた。
もしかしたら野球の神様が大谷選手を見ているのかもしれない。そんな風に思わせてくれる展開でした。
27歳になった大谷翔平選手。あなたは、どの大谷選手の表情が好きですか?【大谷翔平 最新ニュース】
伊藤詩織さんがTwitterで名誉を毀損されたとして、投稿者に損害賠償を求めた裁判。そのうちの一つの裁判で判決が出ました。
「自分を隠さなくていい社会にしたいから」と話す、福田さんと藤井さん。福田さんが記者会見で見せた涙には、様々な思いが込められていました。
127議席のうち、女性の割合は32.28%。意思決定に影響を与えるとされる3割のラインを超えます👏
被害写真の撮影、罹災証明書の申請、片付け時の注意点がわかりやすくまとまっています。
映画『ロード・オブ・ザ・リング』に登場する「サウロンの目」との指摘も。
「私が乃木坂46として活動する最後の日は、3期生12人で5周年を迎える9月4日になります。9月4日で芸能活動も引退します」
敗色濃厚だった試合。振り返ると、大谷翔平選手の“運”の良さを感じる試合でもありました。【大谷翔平 最新ニュース】
「スポーツに携わる女性にとって正しい決定であり、女性が前に進むことができると思います」と喜びを語っています
立憲と共産の共闘は一定の成果を挙げてきたが、都議選では両党並んでの街頭演説が見られなくなっている。
40都道府県に57のクラブチームを持ち、それぞれが地域に密着した活動を行なっているJリーグ。環境省と一緒に環境問題に取り組んでいく。
2打席連発の27号・28号ホームラン。3戦続けての一発でアメリカン・リーグの本塁打ランキングで単独トップに。松井秀喜さんの記録も射程圏内です。
喜び、痛み、 愛情、憎しみ……生理などの体験や感情は「単純ではない」とのメッセージが込められている。
都議会では制度を求める請願が趣旨採択され、小池都知事も導入検討を表明している。