ニュース

「ごちそうさん」視聴率23%超え、いけずの和枝は希子の祝言に出席するのか

2014年01月22日 00時48分 JST | 更新 2014年01月22日 00時59分 JST
時事通信社

女優の杏が主役を務めるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。ビデオリサーチの調査によれば、1月17日に番組平均視聴率23.9%を記録するなど、2014年に入っても視聴率は好調だ。

ごちそうさんの画像集

2014年から舞台は、昭和7年の大阪。西門め以子は、一女二男の子の母親となった。長女・ふ久(原見朋花)の子育てや、多忙な夫(東出昌大)との関係に悩みながら奮闘する、め以子の姿が描かれている。

第16週から、農家に嫁いだ義姉の和枝(キムラ緑子)が再登場。相変わらず、嫁いびりといけずを発揮している。

め以子は、倒れた義父・正蔵(近藤正臣)のために、前妻が得意だった「柿の葉寿司」の味を教えてもらおうと、和枝の嫁ぎ先を訪ねるが、断られてしまう。

そして、義妹の希子(高畑充希)の結婚が決まり、西門家で挙げることになった。希子は、姉の和枝にも祝言に出席してもらいたいと告げるが、和枝は条件を出す。その条件のひとつは、め以子が祝言に出席しないことだった——。

和枝の登場を受けて、ネット上では、嫁いびりに対する反応や、今後を予測する声が上がっている。

※視聴率が好調な「ごちそうさん」。和枝の再登場についてどう思いますか? あなたの声をお聞かせください。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

【「ごちそうさん」の関連記事】

NHK画像集