Huffpost Japan

「脱法ハーブは怖い」政府が啓発漫画 「カイジ」の福本伸行さんを起用

投稿日: 更新:
印刷

政府は3月17日、脱法ハーブの有害性を訴える短編マンガを公開した。「カイジ」「アカギ」などで知られる漫画家・福本伸行さんを起用。脱法ハーブがどのように売られているか、また、脱法ハーブを吸引することで、どのような症状になるのかなどが、8ページにわたって描かれている。インターネット上で無料で読むことができる。

ハーブやアロマオイル、バスソルトなどと、一見すると人体に無害な製品を装った薬物が、自動販売機やインターネットで販売されている。「合法」とうたわれているが、これらを吸ったりすることで、意識障害、けいれん、呼吸困難などを起こしたり、交通事故を起こしたりする事件も発生している。

内閣府政府広報室によると、脱法ドラッグは、「ハーブ」や「アロマ」という言葉を使っているが、作用は植物によるものではなく、添加された化学物質によるものだという。原料に何が含まれているのか、また、身体にどのような悪影響を及ぼすか全く分からないため、麻薬や覚醒剤以上に危険だとのことだ。

また、たった1度の使用でも、繰り返し使用したくなったり、死につながる危険もあるので、内閣府政府広報室は、「好奇心などから安易に買ったり、使ったりしないようにしてほしい」と訴えている。

短編マンガ「合法といって売られている薬物の、本当の怖さを知っていますか?」はこちら》

drag

【閲覧注意】脱法ハーブの症状:

Close
バスソルトの被害 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

脱法ハーブ とは - コトバンク - Kotobank

【動画付き】暴走男「脱法ハーブ吸った」 福岡市の多重衝突 [福岡県 ...

いたちごっこの脱法ハーブで警察が本腰を入れる次の一手 - 週刊文春WEB

メンバーの親から批判の声! 脱法ハーブで降格したAKB元総支配人・戸賀崎智信氏の罪

脱法ハーブ、立件に影 運転前「危険性の認識」焦点 天神暴走事故1カ月 [福岡県]

合法ハーブに「ざわ・・ざわ・・」 政府の薬物対策キャンペーンに福本伸行さんオリジナル漫画

薬物捜査の警官、脱法ハーブ吸い運転か 「興味本位で」

脱法ハーブ吸引で多重衝突事故を起こした男、危険運転容疑で逮捕

脱法ハーブ吸い人身事故 いなべの男を逮捕

久留米の陸自隊員、脱法ハーブを吸引 停職60日処分 [福岡県]

脱法ドラッグ いたちごっこに終止符を

大阪府、脱法ハーブ所持でも罰則 規制強化へ

広島のみで蔓延する違法薬物「メリーちゃん」の恐怖

脱法ドラッグ店、一斉捜索へ=麻薬「α—PVP」販売先—都内製造工場摘発で警視庁