manga

「粋ってこういうことよね」「考え方が素晴らしすぎる」などのコメントが寄せられています。まねしてみたい...!
「男が手芸なんて変だし」。自分にかけられてしまった「呪い」やジェンダーバイアスを解体していく物語『ニッターズハイ! 』。「男子高校生が編み物をする」というテーマはどのようにして生まれたのか。作者の猫田ゆかりさんに聞いた。
作者の青鹿ユウさんは、声をかけてもらったことで、助けの手が取れる状況ではないとしても「ほっとする」経験をしたと振り返ります。
「実刑判決が出たことは、当然の結果と考えます」などとコメントした。
大沖さんは取材に「漫画のネタ出し等やろうと思っていましたが、思ったより身体がしんどかった」と振り返りました。
『はたらく細胞』は、人間の体内を舞台とし、ケガなどをした時の体内細胞の動きを擬人化して描いた人気漫画だ。
自分の髪型は、自分の好きにしたい。だけどいつもと違うスタイルにするとき、少しためらう気持ちもある。そんな母の背中を押した、子どものあったかい声かけとは?
海外旅の道中で受け取った「助け合いのループ」。エピソードを紹介したりのさんは「ほっこりしました」と振り返ります。
実は、たくさんある“ブサイク女子”をヒロインにしたマンガ。『少女マンガのブサイク女子考』を上梓した少女マンガ研究をしているトミヤマユキコさんに、少女マンガにおけるルッキズムについて聞いた。
これは、デートレイプという概念が浸透していない日本社会で、当時の恋人との性行為がレイプであったことに気づけなかったわたしの体験談だ。