manga

作者のミカヅキユミさんは「聴者優位のこの社会で、自分の存在を認識してもらえたような、そんな気持ちになりました」と話しました。
「つくたべ」の愛称で知られ、女性同士の恋愛を描いた人気漫画。「結婚の平等裁判」の東京第1次訴訟の判決は11月30日に言い渡されます。
「わかりみが深過ぎて頷きまくる首がもげそうです…(泣)」「新米パパには見せるべき」などのコメントが寄せられ、共感を呼んでいます。
作者のオニハハ。さんは、子どもたち一人ひとりとしっかり向き合って話をする時間を取ることで、子どもの笑顔が増えたように感じたといいます。
「びっくりするほど効果抜群」「勇気ある行動」「優しい世界」など多くの温かいコメントが寄せられています。
記事末尾にて、146枚の色紙の出品スケジュールを紹介しています。
作者のMariko Umeda(うめだま)さんは「別姓賛成、反対にかかわらず、これをきっかけにたくさんの方が身近な問題として考えるきっかけになれば幸いです」とコメントしました。
“普通”に苦しめられる人たちの心の声を描いたツルリンゴスターさんの『君の心に火がついて』。登場人物の生きづらさの根底にあるのは「これらの苦しみの原因は私にあるのか、それとも別の何かなのか」という問いだ。
漫画には「『知らないこと』を教えてくださってありがとうございます」「ぜひ、実証実験終了後、本導入してほしい」といったコメントが寄せられています。
「我が子もこれ」「離れる時だけあるある」「これを信じてくれない親御さん結構いるよね」などのコメントが寄せられ、共感を呼んでいます。