manga

子どもたちは「塗れない」のか、「塗りたくない」のか? 発達凸凹(発達障害)を抱える親子が見つけた「抜け道」とは──。定説どおりにいかない育児の難しさと、偏りとともに生きるヒントを絵日記として発信し、共感を呼んだモンズースーさんに話を聞いた。
軽度知的障害と自閉症のある女性の恋愛模様を描く『初恋、ざらり』。差別意識や劣等感など人間の複雑な感情を丁寧にすくい上げる本作が、障害のある人、ない人の垣根を超えて、幅広い層から共感を集める理由とは?
男性不妊の外来に携わる泌尿器科医のサラリ医マンさん。「男性の受診意欲を高めるようなことができないか」と考え、漫画の制作を思い立ったと言います。
漫画の作者のまみさんは、「今は、当時の自分の感情は間違っていないし大袈裟でも何でもない普通の感覚なのだと伝えたいです」と話す。
「とっても素敵なおばあちゃんですね」「人生の大先輩から最高のお手本」と称賛する声が相次いでいます。
漫画家、医師、編集者が「伝えること」について語らった60分。他者との対話における手助けとなりそうなポイントが浮かび上がってきました。
作者のさゆりさんは「母は亡くなったけど、生きていたこと、それを思い出すことは決して悪いことではないんだと感じました」と言います。
柴犬が頭を回転させるように見える「柴ドリル」。愛らしい仕草でSNSの人気を集めていますが、散歩中に思わぬ事故の可能性も。まんきつさんの体験漫画が話題です。
スタッフ情報も公開。キャラクターデザイン・作画監督を江原康之氏、音響監修を鶴岡陽太氏らが務める。
作者・岸本斉史さんから贈られたイラスト入り色紙。ナルトとサクラとのコラボにファンも喜び。
【加藤藍子のコレを推したい、第11回】『明日、私は誰かのカノジョ(明日カノ)』に登場する女の子たちは、何者にも頼らない。一人ぼっちで苦闘している。
「粋ってこういうことよね」「考え方が素晴らしすぎる」などのコメントが寄せられています。まねしてみたい...!
「男が手芸なんて変だし」。自分にかけられてしまった「呪い」やジェンダーバイアスを解体していく物語『ニッターズハイ! 』。「男子高校生が編み物をする」というテーマはどのようにして生まれたのか。作者の猫田ゆかりさんに聞いた。
作者の青鹿ユウさんは、声をかけてもらったことで、助けの手が取れる状況ではないとしても「ほっとする」経験をしたと振り返ります。
「実刑判決が出たことは、当然の結果と考えます」などとコメントした。
大沖さんは取材に「漫画のネタ出し等やろうと思っていましたが、思ったより身体がしんどかった」と振り返りました。
『はたらく細胞』は、人間の体内を舞台とし、ケガなどをした時の体内細胞の動きを擬人化して描いた人気漫画だ。
自分の髪型は、自分の好きにしたい。だけどいつもと違うスタイルにするとき、少しためらう気持ちもある。そんな母の背中を押した、子どものあったかい声かけとは?
海外旅の道中で受け取った「助け合いのループ」。エピソードを紹介したりのさんは「ほっこりしました」と振り返ります。