manga

自分の髪型は、自分の好きにしたい。だけどいつもと違うスタイルにするとき、少しためらう気持ちもある。そんな母の背中を押した、子どものあったかい声かけとは?
海外旅の道中で受け取った「助け合いのループ」。エピソードを紹介したりのさんは「ほっこりしました」と振り返ります。
実は、たくさんある“ブサイク女子”をヒロインにしたマンガ。『少女マンガのブサイク女子考』を上梓した少女マンガ研究をしているトミヤマユキコさんに、少女マンガにおけるルッキズムについて聞いた。
これは、デートレイプという概念が浸透していない日本社会で、当時の恋人との性行為がレイプであったことに気づけなかったわたしの体験談だ。
「みんながもっと、『こうしなきゃいけない』という枠組みから自由になれたらいいなと思います」
東日本大震災からまもなく10年。作者のあいしまさんは、「10年たった今でも忘れることができない」とつづっています。
ついつい言ってしまったり、言われて傷ついたり。この言葉、誰もが一度は心当たりがあるのではないでしょうか。
文章でも、映画でも、不可能。本作は、マンガ表現の強みを「神様」が駆使した傑作中の傑作だ。
漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』が生きづらさを抱える多くの人から共感を得た、永田カビさん。なぜ自身の人生を包み隠さず描くことができたのか? 不登校経験者の伊藤歩さんが聞きました。
多くの漫画家にとってバイブルともいえる『まんが道』。本作は若い人たちにこそ、読んでほしい。世代が違うからこそ感じる発見や新鮮な読書体験が待っているはずだ。