Huffpost Japan

富士通、ニフティを売却へ 会員減少で業績低迷

投稿日: 更新:
NIFTY
2014 NIFTY
印刷

富士通、ニフティを売却へ 会員減少で業績低迷

富士通が、インターネット接続サービス(プロバイダー)の子会社「ニフティ」を売却する手続きに入ったことが分かった。すでに国内の投資ファンドなどに打診を始めている。会員が減り業績が低迷する個人向けサービスから撤退し、企業向けのITシステム事業に力を入れていく。

富士通は近く、買い手を公募するかどうかなど、売却先の選定方式を決める。

ニフティは1986年、富士通が大手商社日商岩井(現双日)と共同出資で設立した個人向け情報サービスの老舗だ。87年に電話回線を使うパソコン通信「ニフティサーブ」を始め、会員数は90年代半ばにパソコン通信として日本最大の200万人超に達した。

asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供) 

他のサイトの関連記事

富士通、ニフティを売却へ 会員減少で業績低迷