NEWS

オバマ大統領を招いた宮中晩さん会、メニューは?【画像】

2014年04月25日 00時24分 JST | 更新 2014年04月25日 00時27分 JST
時事通信社

国賓として来日したアメリカのオバマ大統領を招いた天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が4月24日、皇居・宮殿の大食堂「豊明殿」で開かれた。出席者は168人で平成に入り最多となった。時事ドットコムなどが報じた。

天皇陛下はあいさつで、東日本大震災の際の米軍による「トモダチ作戦」などの支援に改めて謝意を表明。「両国民は先の戦争による痛ましい断絶を乗り越え、緊密な協力関係を築きました。来し方を振り返り、互いの理解を一層深め、相携えて進んでいくことを願ってやみません」と語り、大統領の日本滞在が実り多いものになるよう願っていると述べられた。

(時事ドットコム「米大統領迎え宮中晩さん会=天皇陛下「実り多き滞在を」より 2014/04/24 23:27)

日刊スポーツなどによると、晩さん会で提供されたのはフランス料理のフルコース。

  • コンソメスープ
  • マダイのシャンパン蒸し
  • 羊もも肉の蒸し焼き
  • サラダ
  • 富士山型アイスクリーム
  • 果物(メロン・イチゴ)

が出された。飲み物には、「モエ・エ・シャンドン」や「ドン・ペリニヨン」などのワインが用意されたという。

オバマ大統領を招いた宮中晩餐会

天皇・皇后両陛下は25日午前、オバマ氏が宿泊する東京都内のホテルを訪問し、別れのあいさつをされた。NHKニュースによると、一連の日程を終えたオバマ氏は、25日午前10時半すぎ、大統領専用機「エアフォース・ワン」で羽田空港を出発し、次の訪問地の韓国に向かった。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています
両陛下、オバマ大統領と会見