NEWS

「角川・ドワンゴ」経営統合して10月に新会社 会長は川上量生氏

2014年05月14日 16時07分 JST | 更新 2014年05月14日 18時52分 JST
The Huffington Post

株式会社KADOKAWA株式会社ドワンゴの2社が5月14日、経営統合することを発表した。持ち株会社「株式会社KADOKAWA・DWANGO」を10月に設立して、既存の2社が傘下に入る。新会社の代表取締役会長にはドワンゴの川上量生会長、代表取締役社長にはKADOKAWAの佐藤辰男取締役相談役が就く。KADOKAWAの会長を勤めていた角川歴彦氏は相談役に退く。

【関連記事】

KADOKAWAは角川書店を初めとする出版グループを束ねており、ドワンゴはネット動画配信サービス「ニコニコ動画」で広く知られている。両社は経営統合することで「世界に類のないコンテンツプラットフォーム」を目指すと説明している。

本経営統合は、デジタル化とインターネット技術が進展するなかで、ドワンゴの有する技術力及びネットプラットフォームと KADOKAWA の有するコンテンツ及びリアルプラットフォームを融合させ、ネット時代の新たなビジネスモデルとなる“世界に類のないコンテンツプラットフォーム”を確立することを目指します。 また、中期的には“進化したメガコンテンツパブリッシャー”として、ネット時代の新たなメディアを築いてまいります。

株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴとの統合契約書の締結及び株式移転計画書の作成について

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

ニコニコ超会議3の会場風景
ニコニコ超会議3に安倍首相が登場