NEWS

カラーでよみがえる、ロシア帝国末期に生きる人々【画像】

2014年06月17日 18時50分 JST | 更新 2014年06月17日 18時53分 JST

20世紀になったばかりのロシア帝国の姿が、カラーで蘇る。

これらの写真は、セルゲイ・ミハイロヴィッチが、ニコライ2世が統治するロシア帝国の各地を、1905年から1915年に渡って撮影したものだ。モスクワやサンクトペテルブルクといった都市部だけでなく、現在のトルコ、ウズベキスタンに生きる、当時の人々の姿をいきいきと収めている。

カラーでよみがえるロシア帝国の人々

【歴史写真関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています