Huffpost Japan

「女の子らしく」って言わないで! この言葉、どう変えるべき?

投稿日: 更新:
印刷

「女の子らしく走ってみて」「女の子らしく戦ってみて」「女の子らしくボールを投げてみて」

ハイティーンの女の子や男の子、男性にお願いしたら、彼らは内股で走ったり、クニャクニャしたりする動きを見せた。

しかし、女の子に同じお願いをしてみると……。

10歳〜12歳ぐらいの少女に対して「女の子らしく」という言葉を発することは、時に、彼女たちの自信を奪う。

ハイティーンの女の子、エリンは「このくらいの女の子たちに『女の子らしく』って言葉を使うと、自信を喪失させることになると思う」と話す。

「だって、『女の子らしく』って言われると、自分は強い人間、素晴らしい人間ではないんだって思えてしまうもの」

like a girl

しかし、発する側にはそんな意識はない。男の子に、「あなたは今の動きで、自分の妹を侮辱したと思った?」と聞いてみると、「してないよ!……ううん。したかも……でも妹にじゃないよ!」。

もう一人のハイティーンの女の子は、「『女の子らしく』と言われても、普段通りにしていればいい」と言う。

「それは、『女の子らしく』と言っている人たちの問題。あなたの問題じゃない。あなたは既に、女の子らしくしてるのよ。 女の子らしく走ってるし、女の子らしく蹴ってる。女の子らしく歩いてるし、朝は女の子らしく目覚めてる。だって、女の子なんだもの!」

like a girl

動画は、「女の子らしく」という言葉を、別の言葉に変えるよう訴える。

実際にはどのように変えられるだろう? 6歳ぐらいの女の子に「女の子らしく走ることって、どういう意味だと思う?」と聞いてみると、彼女は真っ直ぐ正面を向いて、こう答えた。

「できるかぎり速く走れってことだと思う!」

like a girl

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

This Ad Completely Redefines the Phrase “Like a Girl”

'Like a Girl' Is No Longer an Insult in Inspiring Ad From P&G's Always