shinrigaku

孤独感を覚えることは極めて自然なことだ。孤独を感じたからといって、その人がなにか「間違っている」わけでは決してない。
子どもがキャッチするのは食べ物の味そのものよりも、親の「表情」だったり「声かけ」だったりする。
「人間には、ありのままの現実を捉えることができない」これが、心理学的な人間理解の<スタートライン>だ
時間軸を超えることで得られる癒し
HSPが周囲の人たちと、また敏感な自分とうまく付き合うにはどうしたらいいか
人はどうすれば、自分とは異なる他者と、同じ社会で、同じチームで、力を発揮していくことができるのでしょうか。
子ども達にとっては、このグループ作りの最初の一歩、仲間と認め合う関係性が出来るまでが難しく、そう一筋縄ではいかないようです。
アンパンマンやスーパーマンなど、アニメーションや映画では多くのヒーローが登場し、現実社会においても正義の行為は賞賛の対象となる。しかし...
「自分は他者の役に立つ」、すなわち「他者に貢献できる」と思えた時にこそ自分に価値があると感じられます。(岸見一郎さん)