Huffpost Japan

韓国・デパート崩壊から19年 死者502人、沈没事故との共通点とは

投稿日: 更新:
SAMPOONG
SEOUL, REPUBLIC OF KOREA: An overview of the collapsed Sampoong Department store 29 June where scores of rush hour shoppers and staff were trapped under debris. Initial reports attribute the collapse to a gas explosion. At least 20 bodies have been recovered and 615 people hospitalized. AFP PHOTO (Photo credit should read CHOO YOUN-KONG/AFP/Getty Images) | CHOO YOUN-KONG via Getty Images
印刷

1995年6月29日は、韓国・ソウルの繁華街にあった三豊(サンプン)デパートが崩壊した日だ。死者502人、負傷937人、行方不明者6人の大惨事だった。違法建築と、それを見逃していた許認可権限者、客を見捨てて逃げた経営陣など、「セウォル号」沈没事故との共通点が指摘される事故だ。

【関連記事】

ハフィントンポスト韓国版ニュースエディターのウォン・サンユン氏は、以下のように表現している

「1989年12月1日に開業した三豊デパートは、豪華でまばゆかった。売上高は業界1位、江南(カンナム)の富裕層を主な顧客にしていた高級デパートは、江南の象徴であり代名詞だった。

設計も型破りだった。空間を広くとった内部のデザイン。まるでアメリカのショッピングモールがそのままやってきたかのような設計。しかし、内部を広く見せるために、柱をつくらなかったと分かったのは、あとになってからだった」

6月29日午後2時、デパートの建物内は蒸し暑かった。室内温度が30度を超えても冷房が作動しなかったのだ。「エアコンが故障しており修理中です」との案内放送が流れた。しかし原因は別にあった。

午前から、デパート屋上に20センチの亀裂が走っていた。荷重計算をせずに屋上に無断で設置した200tの冷却塔のせいだ。亀裂が広がるのを防ぐために、経営陣は冷却塔から水を抜き、エアコンを切った。しかし当時、デパートの中にいた数千人の客と従業員はこの事実を全く知らされなかった。経営陣は「亀裂が入り始めた事実を客には絶対に知らせるな」と箝口令を敷き、建物の崩壊直前にデパートから逃れた。午後5時55分、わずか築5年の三豊デパートは一瞬で崩壊した。

(中央日報「三豊デパート崩壊から19年、その後…」より 2014/06/29 09:17)

Close
韓国・三豊デパート崩壊(1995年6月29日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

三豊デパートは、もともとオフィスビルとして設計された。しかし突然、デパートに変更されることになり、中の構造物を撤去して空間を無理やり拡張した。エスカレーターを設置するために床に穴を開け、建物を支える柱の直径は4分の1になった。

三豊デパートの会長は、各種の許認可に絡んで公務員に賄賂を贈ったり、会社の金を横領していたりしていたなど4種類の容疑で逮捕された。最終的に業務上横領を除く懲役7年6カ月の実刑が確定した(2003年、出所後に死亡)。

ハフィントンポスト韓国版のウォン氏は、こう結んでいる。

「違法設計、手抜き工事、無資格者による監査、無理な売り場増設と増築、無断用途変更など、違法建築のすべての要件を満たしたのが三豊デパートだった。

『そのまま待機しろ』と案内放送して、470人以上の乗客を残したまま脱出したセウォル号の船長のように、三豊デパートの経営陣もそうしたのだった」

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

韓国百貨店で天井崩落 子供ら3人負傷

韓国・ソウルのデパート、売り場の天井板が一部崩落