NEWS

Apple創業者スティーブ・ジョブズ、IBMで撮った写真に秘められたストーリー

2014年07月16日 18時23分 JST | 更新 2014年07月16日 21時04分 JST

7月15日、AppleとIBMは法人向け分野で戦略的提携を結んだと発表した。このことは、Apple創業以来の大きな出来事として受け止められている。

Appleの歴史のそばには、常にIBMがいた。

1980年代前半、IBMは企業・研究機関向けのコンピュータ市場を牛耳っていた。そこにそれまでなかった、個人向けパソコンという新しい市場を創りだしたのがAppleだ。

1984年、Appleは「IBMに支配された画一的な世界を打ち破る」というコンセプトで、ジョージ・オーウェルの小説「1984」を下敷きにしたMacintoshのCM映像を制作。賞賛を得た。Macintoshの開発時には、ジョブズは巨人・IBMを海軍に、自らを海賊になぞらえ、「海軍になるより、海賊であれ」と言った。

やがてIBMもAppleを追いかけ、個人向けコンピュータ市場に参入する。Appleは「ようこそ、IBM。マジで。」という、ウィットの効いた新聞広告でIBMを「歓迎」した。

時は流れ、今やAppleはモバイル市場の巨人。IBMは、すべてのパソコン事業を手放し、企業向けのソリューションビジネスを手がけている。1984年から、30年。ついにAppleとIBMは手を組んだ。

2011年、スティーブ・ジョブズが亡くなった直後の12月。初代Macintoshの開発チームの一員として、ジョブズと働いていたアンディ・ハーツフィールドが、自身のGoogle+に、一枚の写真を投稿した

彼はこの写真について、こう記している。

ここに、彼の自由な精神を象徴する、貴重な写真がある。1983年12月。初代Macintoshの発表直後、Macを特集記事にするという、Newsweekの取材を受けるため、僕らはニューヨークを訪れた。この写真は、たまたまマンハッタンを歩いていた時、同行していたフランス人の旅行代理店のスタッフが、思いつきで撮ったものだ。どういうわけかその写真は僕が持っていることになった。僕が本を出すときに、編集者はこの写真を使わせて欲しいと言ってきた。だけど、許可するにはさすがに怖かった。だって、あの時は、MacのCPUは、IBMが作っていたからね。

ibm apple

【スティーブ・ジョブズ関連の記事】

スティーブ・ジョブズ 名言集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています