NEWS

イスラエル軍「数日以内の停戦・撤退の可能性はない」科学技術相が発言

2014年07月24日 16時59分 JST | 更新 2014年07月24日 17時01分 JST
Reuters

[エルサレム 24日 ロイター] - イスラエルのペリ科学技術相は24日、イスラム原理主義組織ハマスが実効支配するパレスチナ自治区ガザからイスラエル軍が来週までに撤退する可能性は低いと表明した。同相は治安当局の元責任者。

ペリ科学技術相は、イスラエルのニュースサイトとのインタビューで「数日以内の停戦とイスラエル国防軍(IDF)の撤退はないと思う」と述べた。軍はイスラエル攻撃のために武装勢力が掘ったトンネルなどの破壊を目標としており、同相は「数日では完了しないということは明言できる」と話した。

関連記事

ガザ