NEWS

ウクライナ首相が辞意、ヤツェニュク政権崩壊

2014年07月24日 19時34分 JST | 更新 2014年07月24日 19時34分 JST
Sean Gallup via Getty Images
BERLIN, GERMANY - MAY 28: Interim Ukrainian Prime Minister Arseniy Yatsenyuk, along with German Chancellor Angela Merkel, Moldovan Prime Minister Iurie Leanca and Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili (all three not pictured), give statements to the media at the Chancellery on May 28, 2014 in Berlin, Germany. The four leaders are meeting to discuss the ongoing conflict in eastern Ukraine. (Photo by Sean Gallup/Getty Images)

ウクライナのヤツェニュク首相が24日、辞意を表明した。

ヤツェニュク首相は議会に対し「連立政権の崩壊、および政府のイニシアティブが阻止されたことを受け、辞任を発表する」とした。

ウクライナ議会ではこれに先立ち、エネルギー関連法案と軍への支出拡大法案が否決された。

また、同日、連立政権から2党が離脱し、連立与党が崩壊。ポロシェンコ大統領は、総選挙実施に向けた道が開かれたと述べた。[キエフ 24日 ロイター]

【関連記事】