ニュース

プーチン氏の訪日、「総合的に判断」と菅義偉官房長官 ロシア外相は「訪日に変更ない」

2014年08月27日 01時05分 JST | 更新 2014年08月27日 01時07分 JST
Reuters

[東京 26日 ロイター] - 菅義偉官房長官はロシアのプーチン大統領の秋の訪日に関連し、日程については何ら決まってないとしたうえで、種々の要素を総合的に考慮して判断していきたいと語った。

ロシアのラブロフ外相は25日、プーチン大統領の訪日について、ウクライナ情勢とは関係なく、現段階で変更はないとの見方を示した。

菅官房長官はこの発言に関して「今年2月のソチでの日ロ首脳会談で、秋の訪日について合意したことは事実だ」としたうえで、「種々の要素を総合的に考慮して検討していきたいということだ」と述べた。

(石田仁志)

【関連記事】

関連記事

プーチン大統領の活躍
ウクライナ情勢(閲覧注意)
Russia Loyalists Push Back In Crimea