Huffpost Japan

NASA、「折り紙」式の新しいソーラーパネルを開発

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ航空宇宙局(NASA)は8月14日、「折り紙」をヒントにした新しいソーラーパネルの開発を進行中だと発表した。直径2.7メートルほどに折りたたまれたパネルを花を咲かせるように広げると、直径25メートルほどの大きさになる。コンパクトに収納できるため、小型衛星にも搭載が可能となるという。

このソーラーパネルの動きを、20分の1の模型で説明したのが下記の動画だ。

開発したのは、無人探査機等の研究開発などを行うジェット推進研究所の研究員、ブライアン・トゥリーズさんらのグループ。アメリカ・ユタ州のブリガムヤング大学の研究チームと共同で、このソーラーパネルシステムを開発した。現在の国際宇宙ステーションにおける太陽光発電は84キロワットだが、新しく開発したソーラーパネルでは250キロワットの発電を目指すという。

Close
「折り紙」式 ソーラーパネル
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

トゥリーズさんは20年ほど前、日本の高校に留学。滞在先の家族から折り方を教わったのをきっかけに、折り紙に興味を持った。図書館で折り紙の本を読み、いろいろな折り方を研究したという。

当時、兵庫県姫路市のマクドナルド店で、ベーコンチーズバーガーの包み紙を使ってツルを折ったトゥリーズさん

これまで折り紙をヒントにした宇宙ソーラーパネルは、東京大学宇宙航空研究所の三浦公亮さんが開発した「ミウラ折り」と呼ばれるたたみ方が存在する。宇宙実験衛星(SFU)のソーラーパネルや電波天文衛星「はるか」の大型宇宙アンテナなどに使われた。トゥリーズさんもミウラ折りからたくさんのインスピレーションを得たと話す。

「折り紙式ソーラーパネルは、芸術と文化、そしてテクノロジーの融合です。折り紙を過去の芸術だという人もいるかもしれない。しかし、科学技術と組み合わせると、新しい発明が生まれるのです」。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

ミウラ折り - Wikipedia

折り紙研究ノート 三谷純 - Jun MITANI

「Origami」が宇宙へ、折り紙の技法を宇宙パネルに応用する研究が進行中