uchu

探査ローバー「祝融」には、6つの科学測定機器が搭載されており、3か月を予定するミッションで生命の痕跡を探します。
人類が火星に降り立つという将来の目標に向け、大きな期待が寄せられます。
撮影者によると「5秒~6秒かけてびっくりする程明るくゆっくり流れた」そうです。
国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士・野口聡一さん。写真では、富士山の山頂が冠雪していることがわかる。
新たな小惑星探査に向けすでに再出発している。次のミッションは、11年後の2031年7月に予定されている。
肉眼で観察可能。方角や、時間は?
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士・野口聡一さんが、満月の写真を自身のTwitterで公開した。