NEWS

延長45回終えても「0-0」 軟式高校野球、中京と崇徳の準決勝は4日目へ

2014年08月30日 15時44分 JST
時事通信社

スコアボードに延々と続く「0」の文字。

第59回全国高校軟式野球選手権大会の6日目を迎えた8月30日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で行われた中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の準決勝は大会史上初の3日目にもつれ込んだ。この日は延長31回から再開したが45回を終えても0−0のまま決着せず、3度目のサスペンデッドゲーム(一時停止試合)になった。スポニチなどが報じた。

先発投手として初回から投げ続けている中京・松井、崇徳・石岡の両投手は、この日も1人で投げ切り、投球数はともに600球を超えた。

この試合は、28日に延長15回を戦い、0―0でサスペンデッドゲームに。翌29日に16回から試合を再開したが、延長30回を終えても両チーム無得点のまま譲らず、またも0―0のままサスペンデッドゲームとなっていた。

(スポニチ「中京VS崇徳、3日がかりでも決着つかず!延長45回終え0―0で4日目へ」より 2014/08/30 14:04)

4日目となる試合の続きは31日に延長46回から再開されるが、大会規定により最大54回までとなり、引き分けの場合は抽選で決勝進出のチームが決まる。決勝に進出したチームは同日、三浦学苑(南関東・神奈川)と戦うことになる。

■Twitterの声

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています