NEWS

有村治子氏、「女性活躍担当相」に内定

2014年09月03日 00時44分 JST | 更新 2014年09月03日 20時45分 JST
有村治子氏 活動報告より

9月3日に行われる内閣改造で、自民党参議院議員の有村治子氏(43、当選3回)が、女性活躍担当相に内定した。女性活躍相は新設ポストで、安倍政権が推進する女性の登用を後押しするねらいがある。有村氏の入閣は初めて。NHKニュースが報じた。

有村氏は、教育政策や環境問題に通じていることに加え、結婚や妊娠、出産を機に仕事を辞めた女性の再就職を後押しする政策に取り組んできました。
 
安倍総理大臣としては、子育てをしながら議員活動を続けている有村氏を行政改革担当を兼務する女性活躍担当大臣として入閣させることで、育児と仕事の両立を目指す女性の活躍を支援する内閣の姿勢をアピールするねらいもあるものと見られます。
 
(NHKニュース『「女性活躍相」に有村治子氏 内定」』より 2014/09/03 10:50)

有村氏は1970年に石川県で生まれ、滋賀県で育った。国際基督教大学(ICU)を卒業後、アメリカに留学。日本マクドナルド勤務を経て2001年に30歳で参議院議員に初当選した。野田聖子氏に見込まれ、立候補を決意したとされる。

娘が2人おり、自民党全国保育関係議員連盟の世話人なども務めている。関西地方で使われていたマタニティーマークを総理と厚生労働大臣に直接提言し、全国的に広げた実績もある。

安全保障などの政策にも詳しく、靖国神社にも参拝している。

【訂正】2014/09/03 20:43

当初の記事で、有村治子議員の生年を「1960年」としていましたが、正しくは「1970年」でした。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています