NEWS

指が届かない人用「iPhone 6ケース」を3Dプリンターで自作(画像)

2014年09月21日 15時51分 JST | 更新 2014年09月21日 19時12分 JST

9月19日に発売開始したアップルのスマートフォン「iPhone 6」。画面が4インチから4.7インチに拡大されたことで、手が小さな人にはやや持ちづらくなってしまった。特に片手で操作しようとすると、指が届かないケースが多発しているようだが、コロンブスの卵的な発想で解決してしまった人がいる。

出っ張りのあるケースを3Dプリンターで自作するという偉業を達成。これで親指が画面の端にも楽に届くになるという。

このツイートに対して、ネット上では「力作ですね!」「凄い!グリップも良さそうですね!」「特許も取れるようなアイデアなのに、公開してしまうなんて勿体無い!」といった賛辞が飛び交っている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

iPhone 6発売