ニュース

御嶽山噴火、死者47人に 戦後最悪の火山災害【10月1日】

2014年09月27日 22時46分 JST | 更新 2014年10月01日 20時55分 JST

長野県と岐阜県境にある御嶽山(おんたけさん 標高3067メートル)が9月27日午前11時53分ごろ噴火した。気象庁によると、噴煙が3キロメートル以上にわたって南側斜面を流れ下った。御嶽山では、2007年3月下旬のごく小規模な噴火以来となる。

長野県警は10月1日夕、山頂付近で心肺停止状態で見つかった登山者23人の死亡を確認して死者が計48人となったと発表したが、同日夜、「死者は47人だった」とこれを訂正した。火山災害としては戦後最悪だという。

■9月27日(土)午前11時53分頃に御嶽山が噴火

■周辺地域への影響は…

■予測は難しかったのか…

■原発への影響を懸念する声…

■当時の政権への批判も…

御嶽山 噴火