ニュース

ドリームワークス・アニメーションをソフトバンクが買収交渉 米メディアが報道

2014年09月28日 17時55分 JST | 更新 2014年09月30日 15時37分 JST
Bloomberg via Getty Images
Masayoshi Son, chairman and chief executive officer of SoftBank Corp., gestures as he speaks at SoftBank World 2014 in Tokyo, Japan, on Tuesday, July 15, 2014. As Son pushes for a takeover of T-Mobile US Inc., the Japanese billionaire is asking banks to commit financing for a longer-than-usual amount of time, underscoring the intense regulatory review he faces. Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg via Getty Images

アメリカの大手アニメ会社「ドリームワークス・アニメーションSKG」(DWA)の買収交渉を、ソフトバンクが進めていると、複数のアメリカのメディアが報じた。DWAは「シュレック」や「マダガスカル」などの人気映画を手がけており、ソフトバンクはスマートフォンなどモバイル向けコンテンツを強化する狙いがあるようだ。

関係筋によると、日本の企業グループ「ソフトバンク」はドリームワークス・アニメーションを34億ドルで買収する交渉に入っている。DWAの創設者でCEOのジェフリー・カッツェンバーグ氏は5年間の契約で同社にとどまる契約書にサインする意向で、DWAは木曜日に緊急の役員会を開いて、一株32ドルで買収するというソフトバンクのオファーについて検討した(DWAの金曜日の終値は22ドルだった)。

(ハリウッドレポーター「DWAが日本のソフトバンクと売却交渉」より 2014/09/27 17:02)

DWAは1994年にスティーヴン・スピルバーグ、ジェフリー・カッツェンバーグ、デヴィッド・ゲフィンの3人により創立された映画製作会社ドリームワークスのアニメ部門。2004年に独立した。CGアニメ映画の先駆的存在で、ピクサーと並ぶ世界的なアニメ会社として知られていたが、近年はヒット作に恵まれず2014年第2四半期には赤字に転落していた。ロイターは次のように報じている。

新作映画「ヒックとドラゴン2」(原題:How to Train Your Dragon 2)の興行収入が前作を下回るなか、ドリームワークス・アニメーションは厳しい経営環境にあり、4─6月期の売上高は前年同期の半分近い1億2230万ドルに落ち込んだ。

(ロイター「ソフトバンク、米ドリームワークスアニメーション買収交渉=関係筋」より 2014/09/28 15:12)

ソフトバンクの孫正義社長は以前からコンテンツ事業の買収に取り組んでいる。2013年には、世界最大の音楽事業会社ユニバーサル・ミュージック・グループの買収に乗り出したが、保有するイタリアのメディア大手のビベンディが拒否したことで失敗に終わっている

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

孫正義氏 名言集