NEWS

ももクロ、"チビッ子"オンリー公演にファン感激 有安杏果の企画実現

2014年10月19日 00時46分 JST
時事通信社

oricon style

ももクロ身長制限公演に“チビッ子”感激 有安杏果の企画実現

人気アイドルグループ・ももいろクローバーZが18日、熊本のライブハウスB.9 V1で観客に身長制限を設けた『有安杏果プレゼンツ チビッ子祭り2014』を開催。女性155センチ以下、男性159センチ以下の“チビッ子”ファン650人の熱気で満ちあふれた。

『チビッ子祭り』は、メンバーで最も小柄な身長148センチ(公式サイト記載)の有安杏果が「身長の低いファンのためのライブをしたい」と企画したもの。会場の入口には「身長確認ゲート」が設置され、屈強なガードマンが目を光らせて厳しく身長をチェックした。

ライブは有安のソロ曲「ありがとうのプレゼント」からスタート。「今日はいつものライブと違って、ほとんどの人がストレスを感じないで見れると思います。皆さん、最高に楽しいライブにしましょうね!」と呼びかけた。

百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにも合流すると、「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」「行くぜっ!怪盗少女」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」など全17曲を熱唱。“チビッ子”たちは見やすさと近さに感激していた。

ライブの模様は全国45ヶ所78スクリーンで同時中継され、計2万6313人が観覧。中盤にはチビッ子限定スクリーンが設けられた東京・アイアシアタートーキョーと中継を結び、大いに盛り上がった。

【関連記事】