ニュース

【ハイスコアガール】作者の押切蓮介氏らを書類送検 「許諾を取ってくれていると思った」

2014年11月17日 18時38分 JST | 更新 2014年11月30日 15時41分 JST
square-enix.com

漫画「ハイスコアガール」が著作権侵害をしたとして、作者の押切蓮介氏と出版元のスクウェア・エニックス社の役員・担当者15人の計16人が、11月17日に大阪府警に書類送検された。

大阪府吹田市のゲーム会社「SNKプレイモア」が、「自社が著作権を持つゲームキャラクター多数を無断で使っている」として刑事告訴した結果、東京都新宿区のスクエニ本社ビルが8月5日に家宅捜索を受けていた。産経Westでは次のように報じている。

書類送検容疑は、平成24年2月~25年12月、同社が発行する漫画誌「月刊ビッグガンガン」で連載中の漫画「ハイスコアガール」で、ゲームソフト販売・開発会社「SNKプレイモア」(大阪府吹田市)が著作権を持つ対戦型格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」や「サムライスピリッツ」などのキャラクターを、計166カ所にわたり、許諾なしに勝手に使用したとしている。

スクエニ社員と漫画作者ら16人書類送検 他社のゲームキャラ無断使用で - 産経WEST 2014/11/17 16:00)

「ハイスコアガール」は90年代のゲームセンターを舞台に、少年少女の淡い恋愛を描くラブコメディー漫画で、既刊5巻の累計販売部数は110万部。実在のゲームが登場するのが特徴で、カプコンの「ストリートファイターII」や、ナムコの「スプラッターハウス」のほか、SNKプレイモアが著作権を管理している旧SNK社の「ザ・キング・オブ・ファイターズ」や「サムライスピリッツ」などのゲームが登場している。

単行本は8月に全国の書店から回収されて販売中止になった。「月刊ビッグガンガン」での連載も休止している。

産経Westによると、今回送検された16人全員が「許諾を取っているかどうか知らなかった」などと容疑を否認。作者は「スクエニ社が許諾を取ってくれていると思った」と話しているという。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

小学館ビルの「落書き」写真集