Huffpost Japan

Facebook、中国を抜いて「世界で一番人口の多い国」に

投稿日: 更新:
ZUCKERBERG
Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg smiles during an event to launch in Colombia an app providing free basic Internet service via cellphone connections, in Bogota, Colombia, Wednesday, Jan. 14, 2015. (AP Photo/Fernando Vergara) | ASSOCIATED PRESS
印刷

もしフェイスブックが国だとしたら、そこは世界で一番人口の多い国となる。

ソーシャルネットワークのフェイスブックは、1月28日に2014年12月31日現在の月間アクティブユーザー数(MAU)が13億9000万人だったと発表した。月間アクティブユーザーとは、1カ月の間に少なくとも一度はフェイスブックにログインして、ニュースフィードを閲覧したり、友達と会話をしたり、写真を見たりした人を意味する。

13億9000万人という数は、世界で最も人口が多い国、中国の全人口を上回る。アメリカ中央情報局(CIA)の最新の推定値では、中国の人口は13億6000万人。また、フェイスブックが2014年10月に発表した四半期報告書では、MAUは13億5000万人だった

facebook size
左からフェイスブックのMAU、中国の人口、インドの人口、アメリカの人口。数字の単位は10億人。

ユーザー数を中国と比較するのは、やや皮肉なことでもある。なぜなら中国ではフェイスブックは当局によってブロックされており、原則としてアクセスできないからだ。それにもかかわらず、フェイスブックの創立者、マーク・ザッカーバーグCEOは、2013年秋に中国を訪問して、企業幹部と会談し、中国語でインタビューに答えたりもしている。

フェイスブックのユーザーはいまもなお増え続けているが、2014年の第3・第4四半期にはユーザー数の伸びが減速している。理由は、すでにネットにアクセスしている人たちの大多数が、すでにフェイスブックのユーザーになっているためだ。

facebook mau
2009年以降のフェイスブックMAUの推移。数字の単位は100万人。データはStatistaによる。

これはザッカーバーグCEOが「Internet.org」を推進してきた理由のひとつだろう。「Internet.org」は、フェイスブック、サムスン、エリクソン、クアルコムを含めたテクノロジー企業数社がスポンサーとなって、まだインターネットにアクセスできない世界の3分の2の人々にネット接続を提供することを目指した活動だ。

また、フェイスブックの売上を四半期報告書見てみると、2014年最後の四半期の売上高は、前年同期比49%増の38億5000万ドルだった。同社の株式は76.24ドル前後で取り引きされており、過去1年間で22%近く値を上げている。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:水書健司/ガリレオ]

Close
「Facebookで友達になってはいけない人」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

Facebook、新機能「Place Tips」を発表--現在地の関連情報を提供

Facebook、障害はシステム変更が原因

フェイスブック ドル高でも大幅な増収増益

米フェイスブックの積極投資に試練