NEWS

マンデラ、キング牧師、ローザ・パークス――人種差別と闘った英雄たち(画像)

2015年02月16日 01時17分 JST | 更新 2015年02月16日 01時17分 JST

20世紀の人類が成し遂げた大きな一歩。それは、人種を理由とし権利を制限する、人種隔離政策と闘い、それを改めたことだ。南アフリカのネルソン・マンデラ。アメリカのキング牧師とローザ・パークス。人類の闘いを写真で振り返った。

  • ネルソン・マンデラ(1918−2013)
    The Sydney Morning Herald via Getty Images
    南アフリカの人種隔離政策(アパルトヘイト)撤廃運動に尽力。30年も投獄されながら闘い続け、大統領にまでなった。
  • 反アパルトヘイト運動をしていた1964年のマンデラ
    Keystone-France via Getty Images
  • 1956年、マンデラ釈放を求め、ヨハネスブルグでデモをする支持者たち
    AFP via Getty Images
  • 「マンデラを釈放せよ!」はスローガンとなった。
    Peter Dunne via Getty Images
  • 1990年。逮捕されてから28年、ついに釈放されるマンデラ
    ALEXANDER JOE via Getty Images
  • アパルトヘイト撤廃に尽力したマンデラと南アフリカ大統領(当時)デ・クラーク
    Gallo Images via Getty Images
  • 1991年。マンデラとデ・クラークとの世紀の握手
    ASSOCIATED PRESS
  • マーティン・ルーサー・キング牧師(1929-1968)
    ASSOCIATED PRESS
    1960年代アメリカの公民権運動の指導者。
  • 1963年。ワシントン大行進で「I Have A Dream」演説を行うキング牧師
    ASSOCIATED PRESS
  • 公民権運動の頂点。ワシントン大行進
    CBS Photo Archive via Getty Images
    20万を超える人がワシントンに集まり、公民権法を訴えた。
  • ワシントン大行進
    CBS Photo Archive via Getty Images
  • ローザ・パークス(1913−2005)
    UniversalImagesGroup via Getty Images
    1955年、アメリカ・アラバマ州モンゴメリーで、市営バスに乗ったパークスは、白人優先席に座った。白人のために席を空けるよう、運転手に支持されたがパークスは抵抗。逮捕された。これをきっかけにキング牧師と共に、人種差別に反対する「バス・ボイコット」を展開。公民権運動へと発展した。
  • 逮捕され指紋を取られるローザ・パークス
    ASSOCIATED PRESS
  • ローザ・パークスの指紋
    UniversalImagesGroup via Getty Images
  • ローザ・パークスが乗ったバスのレプリカ。功績は今も生き続けている。
    ASSOCIATED PRESS

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています