jinshusabetsu

「数名が拘束され、職務質問や所持品検査をされています」などと投稿し、日本の警察官によるレイシャル・プロファイリングの疑いのある事案だとしている。
50年以上の歴史があるセサミストリートで初めて、アジア系のマペットが登場。文化だけではなく、人種平等を考えるきっかけを作ります。
サイン・コサイン・タンジェントを教える数学の授業中だったという。
3歳の長女は過呼吸などに苦しみ、PTSDの疑いとの診断を受けている。女性側は、警察官がトラブルの相手に女性の住所などを許可なく提供したとも訴えている。
横浜F・マリノスでも監督を務めたアンジェ・ポステコグルー監督。「私たちの最優先事項は、選手を守り、サポートすることだ」と語った。
スコットランド1部のセルティックで活躍する古橋亨梧選手に対する人種差別行為があったとしてクラブが徹底抗議。対戦予定のレンジャーズは一部サポーターの差別行為について調査を開始した。
試合中にアジア系のアクセントを真似て、そのことを謝罪しましたが「謝っていない謝罪だ」とも指摘されています。
ボディポジティブに関するメッセージを発信することでも支持を得てきたリゾ(Lizzo)。声をあげるのは「未来の体の大きな黒人の女性たちのため」だと明かした。
東京オリンピック競技を伝える番組で、自国代表と対戦した韓国選手に人種差別的な発言をしたとして、ギリシャの国営放送ERTがゲストコメンテーターとの提携を打ち切った。
演技に黒人差別への抗議の意思を込めた振り付けを取り入れた。「私たちは皆同じです。そして私たちは皆美しく、素晴らしいのです」と語ったという。
黒人差別への抗議の意思が込められたアクション。日本代表選手も連帯を示しました。
五輪を研究する奈良女子大の石坂友司准教授は「大きな変化。(日本の人たちが)Black Lives Matterに向き合うきっかけになるのでは」と話す。
「すべての差別を非難する」という声明を発表。ソーシャルメディア企業にも差別に毅然とした態度で臨むよう求めています
SNSで拡散された動画は、バルセロナが2019年にツアーで日本を訪れた際に撮影されたものだった。
「当時の私の無知や年齢に関係なく、人を傷つけてしまった事実に言い逃れはできません。そしてそのことを申し訳なく思っています」
ロサンゼルス公共図書館での「リンダ・リンダズ」のライブがSNSで反響。「私たちが今必要としている曲です」と称賛する声も