NEWS

モンサンミッシェルが完全な島に 18年ぶりの大潮に包まれる(画像集)

2015年03月22日 15時47分 JST | 更新 2015年03月23日 00時30分 JST

フランス北西部の世界遺産「モンサンミッシェル」が3月21日、ありし日の姿に戻った。時事ドットコムによると、18年ぶりの大潮が押し寄せて、孤島の姿を回復した。

コトバンクによると、モンサンミッシェルはブルターニュ半島の近くにある小島で、周囲約900メートル。島を覆うように建てられた修道院は966年に創建されたもので、その後は増改築を重ね、13世紀ごろに、ほぼ現在の形になったとされる。百年戦争の際には要塞として使用された。周囲の湾は干満の差が激しく、かつては干潮時にしか渡ることができなかった。

しかし、18世紀に建設された堤防道路の影響で土砂が堆積した。近年は滅多に、海に囲まれた姿を見ることはできない。

ヨーロッパで20日に観測された日食の影響もあり、21日夜の潮位はモンサンミッシェルの周辺で、14メートルを超えたという。これは、ビル5階分に相当する高さだった。「世紀の大潮」を見ようと、数千人がモンサンミッシェルを訪れたという。

  • ASSOCIATED PRESS
  • ASSOCIATED PRESS
  • ASSOCIATED PRESS
  • DAMIEN MEYER via Getty Images
  • DAMIEN MEYER via Getty Images
  • ASSOCIATED PRESS
  • GUILLAUME SOUVANT via Getty Images
  • GUILLAUME SOUVANT via Getty Images
  • ASSOCIATED PRESS

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています