ライフスタイル

自分の目を疑いたくなる巨大ウサギは、最高のペットだ(画像)

2015年04月11日 17時18分 JST | 更新 2015年04月11日 17時27分 JST

思わず抱きしめたくなる、フワフワしている、そして体長は約1.2m。これはマイケル・ベイによる、新しい子供向け映画の構想ではない。(もっとも、ロボットを何体か登場させて爆発させたらどうなるかはわからないが)。彼らは、現実のウサギだ。

ダリウスと、彼の息子ジェフを紹介しよう。彼らはコンチネンタル・ジャイアント・ラビットと呼ばれる品種で、とにかくすごく大きい。

話を続ける前に、驚くほどかわいい写真をいくつかお見せしよう。

  • Caters News
    アネット・エドワーズさんとウサギのジェフ。今年のイースターに行われた、世界一大きいウサギを争うコンテストでは、ジェフとダリウス親子がライバルとなった。ジャイアント・ラビットのダリウスは1.2mを超える長さで、体重は桁外れの22キロ。世界一大きなウサギとして正式に認定されている。しかし今年のイースターは、ダリウスに息子のジェフが挑んでいる。ジェフはダリウスとほぼ同じくらいに成長し、現在の大きさは約1.1mだ。
  • Caters News
    ジェフ(左)とダリウス(右)
  • Caters News
    ウサギのジェフとダリウス
  • Caters News
    ウサギのジェフとアヴァ・ジョンソン
  • Caters News
    アヴァ・ジョンソンと2匹のウサギ

マイケル・ベイの映画と違う点は、大きいからといって必ずしも破壊的ではないということだ。むしろ、並外れた大きさとは裏腹に、これらのウサギの性格は驚くほど穏やかだ。

「小さなウサギと扱いは同じです。というか、より扱いやすいと私は思っています。ジャイアント・ラビットは犬のようにゆっくりと歩き回ります。一方、小型のウサギは、穴を掘ったりそこら中を跳ねまわったりします」と、飼い主のアネット・エドワーズさんはテレビ番組ケイターズTVに語った。

エドワーズさんは2匹のウサギをイギリス、ウスターシャー州の田舎で育て上げたが、秘訣は幼い内から頻繁に人間と触れ合わせる機会を設けることだという。

「彼らはとてもおおらかです。小さい頃から人間に飼育されています。彼らはたくさんの時間をつぎ込めば、素晴らしいウサギに育ちます」とエドワーズさんは語った。

エドワーズさんによれば、彼らは毎年2,000個のニンジンと700個のリンゴを消費するというので、ウサギたちをお腹いっぱいにさせるにはかなりの費用がかかるという。

5歳になるダリウスの身長は現在1.2mを超えるが、1歳にして1.1mになるジェフは急速に追いついてきている。エドワーズさんは、そのうちジェフが父親を超える大きさになる日がくると考えている。その答えを見つける時間はたっぷりある。それというのも、ジャイアント・ラビットの寿命は約8年だからだ。

世界の「変な生き物」30選

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています